TOP>ニュース > “セラピードッグ”たちが大活躍するドッグ・フレンドリーな空港!

  • ニュース

“セラピードッグ”たちが大活躍するドッグ・フレンドリーな空港!

“セラピードッグ”たちが大活躍するドッグ・フレンドリーな空港!

―乗客のストレスをワンコたちがケア―

唐突だが、みなさんは飛行機に乗ることが好きだろうか。大好きでワクワクするという人もいれば、怖くて嫌いだという人もいるだろう。普段飛行機にあまり乗る機会がない、地上に車輪がついていない乗り物は苦手だという人もいるかもしれない。

このように飛行機が苦手な人たちにとって、国際便など長時間のフライトは考えただけでもめまいがしそうである。しかも実際にそのフライトを終えた後のストレスは計り知れないものだろう。フライト自体は特に嫌いではないが、遅延などでイライラする人も多いかもしれない。

そのような「空港でストレスを感じる」人たちのために、アメリカ国内の空港では「セラピードッグ」が大活躍しているのだ。その数は2018年1月現在、全米で30カ所以上にものぼる。彼らはセラピードッグとして訓練を受けており、空港内ではトレーナーと一緒に「Pet me.(撫でて。)と書かれたベストやバンダナを着用し活動している。飛行機を利用する人たちだけではなく、送り迎えをするために待っている利用者など、空港を利用する人であれば誰でも自由に撫でて癒されることが可能なのだ。

アメリカの空港でセラピードッグが活躍する様子

―カナダの空港も次々とセラピードッグを導入―


画像:Boredpanda

そんなアメリカ国内の拡がりを受け、ここ近年、カナダでもセラピードッグを導入する空港が増えている。直近では、バンクーバー国際空港がセラピードッグを活用したサービスを2017年8月から開始した。セント・ジョンズ・アンビュランスと提携し、空港の到着ロビーでセラピードッグ7頭がストレスを抱えた乗客たちを癒しているのだ。

バンクーバー空港局の顧客ケア担当ディレクターのクレイク氏は、「私たちは、旅行にはストレスがかかることを知っています。7頭の犬たちはバンクーバー国際空港の特命大使に任命されています。大使であるモリー、ベイリー、ミラ、ノーマン、グローバー、ケルモード、ソーダは、いわゆるサービスドッグ(聴導犬、盲導犬等の介助犬)とは違います。乗客の皆さんに新しいストレス解消法を教えるセラピードッグなのです。」と語る。彼らは、トレーナーやボランティアのガイドとペアを組み、それぞれ決められたスケジュールで空港内を歩き、空港内の人々を笑顔にしているのだ。


画像:バンクーバー国際空港

空港にセラピードッグを配置することで、乗客の心身にも様々な好影響があるという。たとえば、「血圧を下げる、心を落ち着かせる、ストレスを和らげる、孤独感を軽減する」などだ。これらは科学的な研究でも明らかになっているという。現在、この試みは非常に好評で、エドモントン国際空港、ウィニペグ・ジェームス・アームストロング・リチャードソン国際空港、フォート・マクマリー空港、レジャイナ国際空港、ササスカトゥーン・ジョン・G・ディーフェンベーカー国際空港、サンダーベイ国際空港、ハリファックス・ロバート・L・スタンフィールド国際空港など、カナダ全土に拡大しつつあるという。そして最近、バンクーバー国際空港もこのプログラムに参入するなど、拡がりは加速度を増している。セント・ジョンズ・アンビュランスのディレクターであるサンディ・ガーバー氏は言う。「空港はセラピードッグたちが休める場所を提供してくれています。セラピードッグたちは働き過ぎを防ぐために、1頭につき2時間までと制限時間が決まっています。もし犬たちが何らかのストレスを感じているとトレーナーが判断した場合は、彼らのその日のシフトを早めに切り上げることもあります。」と語る。セラピードッグたちへの配慮も十分されているようだ。

―ワンコに優しい空港施設も増えている―

また北米の空港では、ワンコが遊べるエリアがあったり、専用トイレがあったりとワンコに優しい空港内施設も増えている。


画像:stfbr / カリフォルニア・サンディエゴ空港のワンコ専用屋内トイレ


画像:Denver International Airport / デンバー国際空港内のワンコ用室内トイレ


画像:urDogs / ニューヨークJFK空港のドッグリゾートターミナル

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬にも発症する難病「筋ジストロフィー」の遺伝子治療が成功 (11.17)

  • ニュース

幸せを手に入れた元・保護犬たち。家族との写真に心が温まる。 (11.17)

  • ニュース

「戦闘再開!」【漫画 でかポメラニアン】 (11.16)

  • ニュース

犬の体重管理において重要な「3つのポイント」 (11.16)

  • ニュース

『犬ぐらいなんだ、はやく出社しろ』という催促のない社会を目指して (11.15)

  • ニュース

意外に使える、東京都のペットサイト (11.14)

  • ニュース

犬の社会化はなぜ必要?犬と楽しく暮らすコツ (11.13)

  • ニュース

思わずにっこり笑っちゃう、ワンコたちの素敵すぎる笑顔12選! (11.12)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る