TOP>ニュース > 「犬の一生」年齢によってどんな変化が起こる?

  • ニュース

「犬の一生」年齢によってどんな変化が起こる?

「犬の一生」年齢によってどんな変化が起こる?

単語しか喋れなかった姪っ子が、1年後に会った時にはベラベラ文章で喋るようになり、なんなら「プリキュアが欲しい」と上目遣いでおねだりするまでになっていた今日この頃。子どもの成長速度には本当に驚かされるばかりであり、それと比較して自身は年々覚えが悪くなるうえに融通もきかなくなっているので、なんとも悲しい……。

さて、そんな子どもよりもっと早いスピードで成長するものがいる。犬だ。一般的に犬の1年は人間の4年にあたるといわれており、早く年をとるからこそその時々にあった適切な対応をすることが飼い主の義務でもある。そこで今回は、犬が年齢によってどのように変化していくのかその一生を見てみよう。

生後1カ月~:好奇心旺盛
乳歯も生え始め、活発に動き回るようになる。また、兄弟とじゃれあうなどコミュニケーション能力も芽生えてくる頃。

生後2カ月~:知覚や運動神経が発達
一般的に家庭に迎え入れられる犬はこのくらいが多い。知覚や運動神経がどんどん発達してくる。

生後3カ月~:ワクチン接種が終わったらお出かけもOK
生後3カ月くらいまでは犬にとって最大の成長期。ワクチン接種はもちろん、去勢・避妊手術も早めにしたほうが犬の負担が少なくて済む。畜犬登録も忘れずに行おう。

また順応性の高い時期なので、社会性を身につけさせるにはピッタリ。散歩もできるようになって活動範囲が広がるので、たくさんの経験をさせてあげよう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の虐待を防ぐ!大阪市が虐待の電話相談窓口を開設 (2.20)

  • ニュース

映画「PET2」の最新映像がついに解禁!! (2.19)

  • ニュース

山道を行く人にぴったり付き添う妖怪「送り犬」の謎 (2.19)

  • ニュース

「犬の散歩を禁止」している国ってどこ? (2.18)

  • ニュース

一番最初に人間に名前をあたえられた犬って? (2.17)

  • ニュース

ペットの虐待を見つけたらどうしたらいい? (2.16)

  • ニュース

年をとって、寝ていることが多い…シニア犬は運動したほうがいい? (2.14)

  • ニュース

アテネオリンピック前に実施された「野犬保護プロジェクト」 (2.13)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る