TOP>ニュース > 「子供は怯えている犬がわかりにくい」イギリス心理学学会の研究報告

  • ニュース

「子供は怯えている犬がわかりにくい」イギリス心理学学会の研究報告

幼い子供というのはたいてい動物に興味を示すものだ。絵本の中、近所で飼われている犬や猫、動物園で飼育されている動物たち。中でも子供たちにもっとも身近であるのは、やはり犬や猫だろう。

しかし、ここで1つ気をつけなければならないことがある。それは、咬傷事故。

1-3

幼い子供は不安や怯えを示す犬を認識しつつも、警戒することなく近寄ってしまう傾向にある。

2001年の調査データながら、アメリカにおいて救急病院で治療が必要であった犬による咬傷患者36万8,249人の内訳を見てみると、もっとも多いのが5~9歳の子供で15.2%、次いで10~14歳の子供が13.4%、0~4歳の幼児が13.3%と上位を子供が占めており、トータルでは14歳以下の子供が約42%ということになる。15~24歳では7%台であり、25~44歳では12%台となっているが、16歳以降の咬傷事故については仕事と関連しているケースが多かったそうだ。

男女では男性が55.1%で、女性は44.9%と、やや男性のほうが多くなっている。

また、ケガをした部位について見てみると、0~4歳の幼児では頭部および首が64.9%と圧倒的に多く、次いで手と腕が27.0%。5~9歳の子供では頭部および首が41.5%で、手と腕が30.4%。10~14歳の子供では頭部および首が19.7%、手と腕が36.6%というふうに年齢が上がるごとに頭部および首のケガが減るのに反比例して、手と腕、そして脚のケガが多くなってくる(*1)。これは子供の身長と犬の口吻部との位置関係を考えれば一目瞭然だ。

一方、イギリスでの2013~2015年にわたる犬の咬傷事故のデータにおいても、0~9歳での発生件数がもっとも多くなっており(*2)、これらの結果からも、こうした事故に関しては子供たちが高いリスクにさらされていることがわかる。

そもそも、子供は「喜んでいる」「怒っている」「不安や怯えを感じている」といった犬が示す感情や態度、行動を適格に認識できているものなのだろうか? つい先日のこと、イギリスの心理学学会において、それをテーマにした研究結果が発表されたそうだ。

スタッフォードシャー大学のSarah Rose医師およびGrace Alridge医師らは、子供たちを4~5歳(57人)と6~7歳(61人)の2グループに分け、本物の犬の行動(様子)を示したそれぞれ15のビデオと画像を見せた。ビデオは6~11秒程度の長さのもので、聴覚的な情報としては犬の吠え声のみ。

その後、子供たちに、「この犬と一緒に遊びたいか?(この犬に近づきたいか?)」「嬉しがっているのか、怒っているのか、怖がっているのか、この犬はどう感じていると思ったか?(この犬にどんな感情を感じたか?)」という2つの質問をした。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

柴犬まるが日本のペット代表としてハリウッドデビュー! (6.19)

  • ニュース

腹持ち抜群!ポテトの春巻き【わんこも食べれる簡単ごはん】 (6.19)

  • ニュース

実話。柴犬・春馬のおかげで、塞ぎ込んでいたばぁちゃんが笑顔になった (6.19)

  • ニュース

犬猫と飼い主の昔と今。それぞれの成長と絆がわかる画像18選 (6.18)

  • ニュース

アメリカに渡って「アメリカン・アキタ」として愛された犬たち (6.17)

  • ニュース

人が「犬を飼いたい」と思う時、そのきっかけや衝動はどこからくるのか? (6.15)

  • ニュース

ベイクドチーズケーキ【わんこも食べれる簡単ごはん】 (6.15)

  • ニュース

社交的でアウトドアにも積極的…?犬好きな人にありがちなこと (6.14)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る