TOP>ニュース > 海外からの評価は高い?日本の「動物福祉」

  • ニュース

海外からの評価は高い?日本の「動物福祉」

動物福祉とは?

近年、 世界各国の動物に関する規制は、 動物のニーズや生活の質に重きを置いた「動物福祉」という科学的概念を根幹とされているが、 日本において、 この「動物福祉」はまだまだ馴染みの薄い考え方と言える。 動物福祉とは、 「かわいそう」等という感情論ではなく、 動物の心身のニーズ(十分かつ適切な食餌や水が与えられているか、 動物がストレスを感じていないか、 動物が本来の自然な行動を展開できているか等々)に着目し、 いかに動物の生活の質を担保するかを客観的に指標化できる考え方で、 犬猫等のペットのみならず、 実験動物、 展示動物、 農業動物を含むあらゆる人間の飼養管理下にある動物に適用できる概念だ。

 世界の動物福祉の最新動向、 一方日本は?

特に2020年の東京オリンピックに向けて、 海外からの訪問者が増加することが予想される。 オリンピックの関係者に提供する動物由来製品、 例えば動物由来の食品は、 動物福祉の観点で国際基準を満たしたものを出せるのだろうか。

海外から多くの観光客が訪れるであろう動物園や水族館等、 動物を展示する娯楽・教育施設は、 世界から見ても動物の福祉を十分に担保した展示をしているのか。 また、 犬猫の殺処分が急務であると叫ばれている昨今だが、 実は日本の犬猫の殺処分数は他国と比べてそう多くなく、 着実に減少しており、 海外からの評価が高いことをご存知だろうか。 このようなポイントを主軸として、 動物福祉における日本の立ち位置について概観する。

来月2018年2月10日(土)14:00から、 一般社団法人アニマル・リテラシー総研が、 海外の動物福祉の専門家による講演会「動物福祉の世界と日本の立ち位置」を開催。 2020年の東京オリンピックに向けて、 日本の動物関連の規制が国際基準である動物福祉の概念に必ずしも沿っておらず、 世界と足並みが揃っていないという議論がある中、 この機会を活用し、 多くの市民や動物業界の関係者に、 動物福祉の最新動向と、 日本が海外の専門家にどのように評価されているか、 すなわち日本の良い点や課題について学ぶ。

法人概要 一般社団法人アニマル・リテラシー総研は、 動物福祉や人と動物との関係学等、 動物とのかかわりにおけるアニマル・リテラシー、 すなわち一般教養の向上を目的とした情報提供及びコンサルティングサービスを行う法人。 ~動物とのかかわりに教養と専門性を~

法人名: 一般社団法人アニマル・リテラシー総研 ( http://www.alri.jp )
代表者: 代表理事 山﨑恵子

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬を乗せている自動車の掃除方法を大紹介 (12.7)

  • ニュース

食いしん坊な愛犬、どうすればダイエットに成功できる? (12.7)

  • ニュース

犬の体重を人間に換算するとどのくらいなの? (12.5)

  • ニュース

冬の散歩は足が冷える!犬のために、専用の靴を履かせるのはあり? (12.4)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る