TOP>ニュース > 我が家に来た保護犬のプー子。【保護犬との出会い(3)】

  • ニュース

我が家に来た保護犬のプー子。【保護犬との出会い(3)】

(前回からの続き)

保護施設での出会いからわずか数日後、プー子は車に乗せられてやって来ました。この日から1週間が、トライアル期間です。お試しでお世話してみて、相性や可否を決めるのです。とはいえ、私たちの腹はすでに決まっていました。

あ、「プー子」というのがウチのやつの名前です。飼うと決める以前から温めていた名前でした。その頃のニュースで、世界一の長寿犬の名前「プー助」にグッと来ていた私たちは、その長寿にあやかろうと思っていたのです。そして割とおとなしめと思われる、メスを飼おうと決めていました。それで、子を付けて、プー子。

スタッフさんと共に玄関から入って来たプー子は、新しい家の査定をするように、私たちのことは御構い無しにそこらじゅうをかぎまわり、やがてカーペットの上に腰を下ろしました。ここんちはオッケー!ということのようです。

そんなプー子を見ながら人間たちは、避妊手術、ワクチンなど必要事項の打ち合わせや雑談をし、そしてとうとうスタッフさんが施設へと戻っていきます。最初、プー子がスタッフさんを慕ってむずがるかと思ったのですが、意外と素直に見送っていました。わかるんでしょうか、幼いながらに自分の置かれた状況が。まぁ、さっきあげたオヤツで同盟を結んだからかもしれませんが。

スタッフさんは無論犬が好きでお世話をしている方ばかり。プー子だって、預かってから少しの間ではあるけれど、情を注いでお世話して来たことでしょう。こういう別れは無数に経験しているんでしょうが、やはり別れは切ないものかもしれません。後は私たちが、プー子を幸せにします!という気持ちで見送ります。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

  • ニュース

愛犬が病気にならないための正しい抱っこ方法【兵藤哲夫の徒然日記】 (12.3)

  • ニュース

無警戒なポーズがたまりません。 (12.2)

  • ニュース

愛犬と一緒にお風呂に入りたい!そう願った飼い主が後悔した3つの理由 (12.2)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る