TOP>ニュース > 【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・オデッセイ アブソルートHV

  • ニュース

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・オデッセイ アブソルートHV

今月のドッグフレンドリー・カー ホンダ・オデッセイ アブソルートHV

日本を代表するドッグフレンドリーミニバンの1台、ホンダ・オデッセイが昨年末、マイナーチェンジを行いました。内外装、装備をリフレッシュするとともに、先進安全運転支援機能の「Honda SENSING」の機能を充実させ、全タイプ標準装備化。


商品力を高めた新型(MC)オデッセイ

早速、自称自動車評論犬!?のラブラドールレトリーバーのマリアと、新色のプラチナホワイトパールのオデッセイ・アブソルートHVに試乗してきました(マリアは後席インプレッションですが)。

今回の主な変更点はまず「Honda SENSING」。ミリ波レーダー・単眼カメラによる車両前方の状況認識とブレーキ、ステアリングの制御技術を協調させ、安心・快適な運転や事故回避を支援してくれます。さらに今回試乗したHVモデルは、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)に渋滞追従機能を追加。前走車がいない場合は設定した車速を自動で維持し、前走車がいる場合は自動で加減速をして適切な車間距離を保つよう支援し、高速道路などでの運転負荷軽減に貢献してくれるのです。


Honda SENSINGのイメージ

その内容は、衝突軽減自動ブレーキはもちろん、先行車発進お知らせ機能、誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリング、135km/hまで対応するACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、路外逸脱抑制機能、標識認識機能、車線維持支援システム、そしてタイプ別に用意される車両後方、側方の死角を走るクルマを検知するブラインドスポットインフォメーションなどがあり、もうかんぺき。ACCによる高速走行での運転手の疲労軽減効果は絶大で(両足がペダル操作から解放されます)、マリアとララも安心して乗っていられます。


ドアミラーのブラインドスポットモニター

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る