TOP>ニュース > 犬と人とを繋ぐ“リード”、そこから伝わるもの

  • ニュース

犬と人とを繋ぐ“リード”、そこから伝わるもの

この姿はイスラエルのカナーン・ドッグ/Canaan Dog(別名:ケレフ・クナーニ/Kelef K’Naani、ケレフ・カナーニ/Kelef Kanani)によく似ていると動画でも言っているが、確かにそのようだ。

ちなみに、カナーン・ドッグは、遥か昔から中東の砂漠の地で野犬として生きてきたパリア犬/Pariah Dog を、1930年代に地雷探知に使える軍用犬として選択繁殖をし、固定化された犬と言われており、その土台となったパリア犬には、尾がカールしたディンゴタイプ、重量感のある牧畜犬タイプ、それより軽量感のあるコリータイプ、さらには体つきがすらりとしたサイトハウンドタイプの4タイプがあるとされる。ということは、岩絵の犬はディンゴタイプのパリア犬に近い犬ということになるのだろうか?

それはともかく、研究者はこの岩絵の年代を8000年~9000年前のものと考えているようで、そうであるならば、リードに繋がれた犬を描いたものとしては最古になるという。もっとも、それにはより詳しい検証が必要ということだが。

この岩絵の中で、2頭だけがリードに繋がれているのは、ハンターにとって価値のある犬を身近に置いて保護するためか、それとも新しい犬をトレーニングするためなのか、はたまたほんとうはリードではなく、人と犬との絆をイメージ的に表現したものなのかと、動画ではいくつかの可能性や疑問も提示しているが、互いの絆を表現したものだとするなら、たいへん興味深いと感じるのは筆者だけだろうか。

ここで最初の問いに戻りたい。犬をリードに繋ぐということにはどんな意味があるのか? 筆者にとって、リードはツールであって、ツールにあらず。皆さんは、どんな答えを出すだろう?

参考資料:(*1)Pre-Neolithic evidence for dog-assisted hunting strategies in Arabia / Maria Guagnin et al. / Science Direct, Journal of Anthropological Archaeology, Available online 16 November 2017, doi: https://doi.org/10.1016/j.jaa.2017.10.003
(*2)These may be the world’s first images of dogs – and they’re wearing leashes / Science

文/犬塚 凛

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

彼にとっては単なる「犬」なんだな【犬が死んだ朝】 (11.18)

  • ニュース

小児がんや重い病気の子供たちを癒すファシリティドッグ (11.17)

  • ニュース

まるで映画。小さな街を癒す仲良しすぎる犬とアヒル (11.17)

  • ニュース

タローはずっとタローのまま【虹の橋を渡る日まで】 (11.15)

  • ニュース

気がつけば視線。階段から2匹でお出迎え。 (11.15)

  • ニュース

愛犬の食わず嫌いを克服するための裏技とは? (11.13)

  • ニュース

中にヒト入ってる…?アンパンマンカーを乗りこなす柴犬が現れる (11.12)

  • ニュース

犬の体重を人間に換算するとどのくらいなの? (11.10)

もっと見る

注目のグッズ

ファン待望!「俺、つしま」グッズ3選

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る