TOP>ニュース > 子供とペットの関係について考える

  • ニュース

子供とペットの関係について考える

84393e18b0726a5aec89fa0dd64fce09_s

こういった活動は動物管理センターで行われているものや、幼稚園・小学校・中学校・高校・施設などの要請を受ける形で、動物管理センターや動物病院、ボランティアグループによる出張型のものもあり、後者においては犬を同伴するケースもあれば、しないケースもある。また、一部では、犬のトレーニングスクールに子供向けクラスが設けられているケースもある。

筆者の周囲にいる子供たちに尋ねてみると、こうした経験は一度もないという答えのほうが思った以上に多かった。いずれにしても活動する側の思いだけでは成り立たず、学校やPTA側の理解があってこそ成り立つものでもあるので、地域によって温度差があるのは致し方ないことなのかもしれない。加えて、活動をするにはどうしても資金が必要になるため、ことボランティアである場合にはそれがネックとなって思うほどには活動の場を広げられないという場合も少なからずあるだろう。

願わくは、これらの取り組みが全国均一的に広まって欲しいものだが、そもそも私たち大人は子供たちに対してどれだけペット(動物)のことについて教え、伝えることができているのだろうか。スウェーデン在住の人は特別子供に教育をしなくとも、概ね親が子供に犬とのつき合い方を教えることができる環境にあるという。

翻って日本はどうだろう。今になって大人がこぞって犬や猫、ペットのことを真摯に勉強しようとしている現状。確かに、日本だけではなく世界的にペットを巡る環境は急激に変化しているということもあるが、子供たちに伝えるべきこと、伝えたいことを、私たち大人はどこかで置き忘れてきてしまったのかもしれない。

やがては時代が変わっていく、子供たちの時代となる。ペットとの世界も今の子供たちが担うようになる。私たちは子供らに何を遺してあげられるのだろう。

文/犬塚 凛

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

ペットゥモロー公式TwitterFacebookでも記事を配信中。ぜひ、フォロー&いいね!してくださいね。
Twitter
https://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬と雪山で遊ぶ、スノートレッキングに挑戦しませんか。装備と持ち物、注意点を解説します! (1.26)

  • ニュース

映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』を愛犬家が楽しむための3つのポイント (1.26)

  • ニュース

犬の爪切りってしたほうがいい?『必要ない』というケースも結構ある件 (1.24)

  • ニュース

冬のペットの防寒対策、留守中の安心こたつ活用術 (1.24)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る