TOP>ニュース > ペット業界の今を斬るインターペット ビジネス・フォーラム 1

  • ニュース

ペット業界の今を斬るインターペット ビジネス・フォーラム 1

同じく躾の問題について越村氏は「私どもの業界で行なった、あったらいいなと思う調査リストのなかで、19.3%が躾代行サービスを考えてほしい、というリクエストがございます。ワンちゃんのトレーナーっていうのはいらっしゃるんですが、私の考えはワンちゃんのトレーニングだけでなく、社会との結びつきです。バスにも乗れるとか電車の何両目は飼い主も一緒に乗れるとか、いわゆる社会化を今後の日本で推進していくべきだと思います。ヨーロッパ等で、自然に人間とワンちゃんが公共施設で受け入れられるように考えてほしいなというふうに思います」と、日本におけるペットと社会の結びつきについて指摘した。

ペット業界は危機的な状況にある!?

続いて、東京都獣医師会の村中氏が動物病院経営学の講師やペットビジネス論の非常勤講師などを務める立場からペット業界の現状についてこう話す。

004

「学生にこういう事実を伝えるということは彼らの将来に対する夢をしぼませてしまうのではないかというふうに思います。危機的な状況にあると思っております。学生はまだまだ伸びしろもあるし、獣医師という仕事はやりがいのある仕事だから頑張ってほしいと申し上げているところではあります。私も本業のほうで診療していて、なぜペットの数が減ってきているのか、また、飼育意向、飼育願望がなぜ下がっているのか、を考えたときに2つの要因があると思っております」

005006

「1つは、日本の人口動態、高齢化が急速に進んでいること。実際、私の病院に来る患者さんのなかにも65歳以上のいわゆる高齢者の方がおりまして、ペットを亡くされると次にペットを飼わないという場合がございます。それは、自分のことを考えると、生涯その子を責任持って飼えないということが理由です。本当はすごく飼いたくてしょうがないんです。私は個人的には勧めるんですけど、大半の方がそういった理由で飼わないんですね。高齢者になるほど、ペットを亡くしたときの精神的ダメージ、いわゆるペットロスに近いものが大きいということです。そういったことも高齢者の飼育率の低下につながっているのではないかと思います」

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

大型台風を経験して考える。人とペットの災害対策ガイドライン (10.17)

  • ニュース

「やられた〜」今日も食べられています。 (10.16)

  • ニュース

その昔、犬は「ひよ」と鳴いていた。 (10.15)

  • ニュース

犬はなぜ、人が落ち込んでいるのが分かるのか… (10.12)

  • ニュース

「じりっ…」キャリーちゃん、後ろ後ろっ! (10.11)

  • ニュース

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」 (10.10)

  • ニュース

DOG DEPT2019年~2020年秋冬物チェック【ドッグウェア通信】 (10.7)

  • ニュース

犬猫殺処分施設で働くということ。実際に働く女性を描いた「犬房女子」 (10.7)

もっと見る

注目のグッズ

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る