TOP>ニュース > ペット業界の今を斬るインターペット ビジネス・フォーラム 1

  • ニュース

ペット業界の今を斬るインターペット ビジネス・フォーラム 1

これについて、昭和31年から創業しているドッグサロン・青山ケンネルを家業に持つ下薗氏は「ペットの専門店から犬を購入する方が多くなってきているという実態はたぶん、保証制度とかアフターケアサービスとか飼育に関する説明をきちんとしてくれますから、こういったことへの安心という意味で専門店をご利用される方が多くなってきていることが感じられます。以前はショップでの購入に対して、アフターケアができていなかった部分もあったのかなと思います」と、以前とのアフターケアの違いについて指摘した。

また、ペットフード協会の越村氏は「1974年の時は、殺処分の数が犬猫合わせて120万頭くらい。そのうち犬は115万頭くらい。殺処分がそれだけあるということは、森澤先生が仰ったようにいろんな形で譲り受けたりするチャンスが非常に多かったわけですが、直近の数は殺処分される犬が2万9千頭、猫が10万頭でございます」とコメント。

続けて、ペット総合専門店イオンペットの小玉氏はこう話す。

「私自身もペットオーナーとして犬を飼うことによって、非常に良いことがたくさんあります。夫婦の会話が円満になったり、子供の情操教育にも力を発揮してくれたなと思います」と犬との共生によって感じたメリットを話しながらも「一方、不安とか不満もあります。例えば、ペットと一緒にどこそこに行けないとか、旅行に行くのは大変であるとか、それから飼い始めたころは躾に対する不安が多いですね。私どもの店頭でお客様にアンケートでお伺いすると、躾と病気に対する不安が圧倒的に多いですね」と初めて犬を飼う際の躾に対する不安について語った。

さらに小玉氏は、「生体販売のテナントさんと一緒になって考えているんですけれども、ワンちゃんをお買い上げになられたお客様からワンちゃんをお預かりして、きちんと躾をして、安心して飼えるようなワンちゃんを提供する。それから当社グループでご購入いただいたお客様に対しては、ワンちゃんが亡くなるまで、生涯にわたっていろんなケア・サービスを安価に提供する。こういったもので、ワンちゃんや猫ちゃんの飼う費用を削減し不満を解消する、ということをやっていきたいですね」と総合専門店として考えられるサポート体制についてコメントした。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の虐待を防ぐ!大阪市が虐待の電話相談窓口を開設 (2.20)

  • ニュース

映画「PET2」の最新映像がついに解禁!! (2.19)

  • ニュース

山道を行く人にぴったり付き添う妖怪「送り犬」の謎 (2.19)

  • ニュース

「犬の散歩を禁止」している国ってどこ? (2.18)

  • ニュース

一番最初に人間に名前をあたえられた犬って? (2.17)

  • ニュース

ペットの虐待を見つけたらどうしたらいい? (2.16)

  • ニュース

年をとって、寝ていることが多い…シニア犬は運動したほうがいい? (2.14)

  • ニュース

アテネオリンピック前に実施された「野犬保護プロジェクト」 (2.13)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る