TOP>ニュース > 音を怖がる、メスが多い…「犬の若白髪」と意外な関係

  • ニュース

音を怖がる、メスが多い…「犬の若白髪」と意外な関係

犬の若白髪

若くして髪の毛に白髪が出る人がいる。その原因としては遺伝やストレス、栄養不足、何らかの病気の影響などが考えられているようだが、犬の場合も若いうちからマズル(口吻部)に白髪がちらちら見られることがある。

e5879062b9659548f87866e1ea72568a_m0

アメリカのCanine Education CenterやNorthern Illinois University、Colorado State Universityなどからなる研究チームは、その“若白髪”に注目をした。

そのために、ドッグパーク(日本で言うドッグラン)や動物病院、ドッグショー会場などで1歳~4歳までの犬400頭(オス犬202頭、メス犬198頭、平均年齢2.54歳)のサンプルが集められた。

この際、白髪が判断しづらいという理由で、マズルが白い毛色の犬(例:グレート・ピレニーズやサモエド)、淡いクリーム色の犬(例:ゴールデン・レトリーバーや柴犬)、灰色の犬(例:プードルやべトリントン・テリア)、マールの犬(例:オーストラリアン・キャトル・ドッグやオーストラリアン・シェパード)は調査対象から除外されている。

犬は1頭ずつ写真に撮り、マズルの白髪がある範囲を、「白髪なし」「先端部分に白髪がある」「先端から半分程度の範囲に白髪がある」「マズル全体に白髪がある」というふうに4段階に分けた。このうち、マズルに白髪が見られなかった犬は46%で、先端部に白髪があった犬は120頭、半分程度白髪があった犬は76頭、全体的に白髪のあった犬は19頭。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「犬用ケーキ」通販&手作りレシピまとめ♪誕生日やうちの子記念に (9.28)

  • ニュース

犬は雑音の中でも「自分の名前」を聞き分ける? (9.28)

  • ニュース

2021年の「動物愛護週間」はインスタライブやオンラインでの施設見学会、健康・しつけ相談を... (9.27)

  • ニュース

犬よりも「人間のヒゲ」のほうが汚い…? (9.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る