TOP>ニュース > 世界一賢い犬種? ボーダコリーのいたずら事件簿

  • ニュース

世界一賢い犬種? ボーダコリーのいたずら事件簿

世界一賢い犬種?ボーダーコリーと一緒に暮らす

ボーダーコリーといえば賢いことで知られる犬種。牧場で羊などを見張って誘導する牧羊犬としても有名ですが、犬の知能研究の権威であるスタンレー・コレン博士の研究でも、「賢い犬ランキング」の第1位に選ばれています。人の命令の98%に従える能力があるとか…!

また、アメリカのサイスカロライナ州で暮らすジョン・ピリー博士の愛犬、ボーダーコリーのチェイサーは、なんと1000個以上の単語を理解するのだそう。正真正銘の「世界一賢い犬」として知られています。
http://www.chaserthebordercollie.com/

我が家には、半年ほどの歳の差の白黒兄妹、ボーダーコリーの小雪とハチワレにゃんこの睦月がいます。ボーダーコリーはしつけがしやすい犬として知られていますが、「しつけがしやすい」というのは、何も言わなくてもできるということではありません。あくまでも、飼い主がしっかりしつけをしてこそ賢いボーダーコリー。しつけのスタートは生後2、3か月の頃からが良いそうです。

小雪も特にスクールで訓練したことなどはありませんが、こちらの言うことはよく聞いてくれるほうだと思います。いつでも呼べば飛んで来ますし、口に手を入れたって噛んだりしません。めったなことでは吠えたりもしません。「目の届く範囲」では、けっしていたずらもしません。寝室へ入って寝ている夜も、家族が家にいる間はいたずらしないんですよね。ある意味、ずる賢いわけですが(笑)。

いつも「ワタシ、いい子です!」というキラキラした目で見つめてきます。かわいいですよ。いい子でいると、たまに気まぐれでおやつをくれることがあるのも知っている小悪魔女子です。

しつけのコツは、何よりも「わかりやすく」叱ることだと言われています。やたらめったら感情的に怒るのではなく、何が悪いのかを明確にわかりやすいように叱ってあげることが肝心です。なんといってもボーダーコリーは頭がいいので、こちらがちゃんと叱ってあげれば理解してくれます。

特に女性で苦労する方が多いと思うのですが、叱る時は普段より声を低くするのがポイントです。そして、甘え上手なボーダーコリーのかわいさに負けないこと(笑)。「これだけはダメ!」と教えておいてあげないと、大きくなったらそれこそ大変なことに…。ボーダーコリーはディスク競技の大会などでも常連なほど、運動能力もとても高い犬ですからね。

我が家の小雪さんは「お散歩行く?」「ごはん食べる?」「おやつあげようか」くらいの言葉には嬉々として即座に反応。おしりをふりふりしながら、いそいそと準備を始めます。

それだけだと疑われそうですが、「悪いんだけど、今日はお留守番お願いできる?」と言うと、一瞬首を傾げながらも寝床代わりにしているケージに自ら入っていき、お留守番の雰囲気を出してきたりします。「ふぅ……」なんて、ちょっとため息をつきながら(笑)。

こちらも「話せばわかる」と思って日々接しているところがあります。ボーダーコリーと暮らしている方には、結構「あるある」なところではないでしょうか。でも、そんな賢さとずる賢さは紙一重。これまたボーダーコリーあるあるですが、いたずらに味をしめると大変なことになります。こちらがちょっと気を抜くと、帰宅した時にはこんな光景が広がっています。

ボーダーコーリー小雪のいたずら事件簿

うん。台所のゴミ箱、ふた付きだけど倒せばいたずらできるよね。私が悪かったわ……脱力。仕事から帰って早々の大掃除、なかなかこたえます。そして、こちらが何も言わずとも、自ら反省ポーズをしてくる小雪さん。そうだよね。わかってるんだよね、悪いことしたってことは……。すべては後の祭りです。

こちらが許してくれそうか、チラ見してきます。お留守番の際、いたずらしがちなものは扉の閉まる部屋に片づけておくこと。これ、鉄則です。

これは、ボーダーコリーだからでしょうか。子どもの頃のいたずらも、こちらの意表をついてくるものでした。古い写真ですが、ふとふり返った時に見た光景がこちら。

最近、どうりで太ってきたと思ったわ…。棚の上に置いてある兄猫のための自動給餌器から、こっそりつまみ食いをしていたようです。「キャットタワー」という既成概念が覆される思い。この時から、我が家では睦月のごはんを冷蔵庫の上であげるようになったのでした。

食いしん坊からくるいたずらだけでもないようです。好奇心が旺盛なせいか、不可思議な寝姿をよく目撃したものです。どんな夢を見ているのやら。


ねえ、いつからそういう仕様になったの? あなたのベッド…。


目が覚めて我に返る小雪さん。

お気に入りのものって、よく使うから見えるところに置きがちですよね。でも、ご主人様のお気に入りのものだからこそ、ボーダーコリーにも魅惑的なんです。たぶん、大好きなご主人様のニオイが染みついているから。


使えないように狙い撃ちしているのかと疑わしくなります…。

机の上は届かないよね。なんて油断は禁物。我が家には、忘れてはならない小雪さんの助っ人がいるのでした。ボールペンくらい、ちょいちょいと転がして机の下に落としてくれる兄猫が。


こんなところにもあなたの大好きな革が使われていたのね…と気づく瞬間

といっても、4歳になった今でもいたずら心を忘れない小雪さん。何年もの間リビングにあったのに見向きもしなかったテレビのリモコンが、どうしようもなく気になってしまうこともあります。これは兄猫との連携プレーかもしれません…。

私自身、彼女との知恵比べを続ける中でだんだん家の片付けがうまくなってきた気もしています。そうです。きちんと片付けさえしておけば、彼女だっていたずら心を燃やすこともないのです。

最後に、今年のお正月に起きた我が家のいたずら事件簿をご紹介しましょう。2017年1月1日。夕方にちょっと親戚へご挨拶に出かけて帰ってくると、また初めて見る光景がありました。こ、これは…。

これまでで一番具沢山に作ったお雑煮の汁、どこへ…。大きな重い鍋が床に落ちて、ピカピカになっていました。コンロの上までなんて、初登頂だったね…。お正月からごちそうを堪能した小雪さん。なかなかいいお出汁が効いて、好評の一品でした。塩分が気になりますが、ネギ類は入ってなくて良かったです。ケガもしなかったのが何より。

そして、今度こそはとちゃんと片づけて出かけたはずが、10日後にデジャブのような光景を見ることに。

ボーダーコリーの運動能力、あなどるなかれ。全国のボーダーコリー好きの皆さま、いたずらしている場面ばかり紹介してしまってごめんなさい。これからボーダーコリーのしつけをされる方、ささやかながらその一助になればうれしいです(笑)。しつけが成功された暁には、目に入れても痛くない最高のパートナーになってくれること請け合いです。

文/中西 未紀

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

1位はどの子?2020年全国の宿自慢の「看板犬ランキング」 (12.2)

  • ニュース

犬と猫の同居生活!いつから一緒に暮らすべき? (12.1)

  • ニュース

愛犬と行けるランチスポット「ビーチサイドカフェ鴨川」 (11.30)

  • ニュース

大雨の結婚式に現れた泥だらけの野良犬 (11.30)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る