TOP>ニュース > 音を怖がる、メスが多い…「犬の若白髪」と意外な関係

  • ニュース

音を怖がる、メスが多い…「犬の若白髪」と意外な関係

そして、飼い主には自分の犬に関する42問のアンケートに答えてもらう。その質問には、たとえば「典型的な怖がりタイプですか?」「留守番中にクンクン鳴いたり、吠えたりしますか?」「他の犬に対して優位的または攻撃的態度に出る(出た)ことがありますか?」「人に対して吠えたり唸ったりしますか?」というような不安症に関連するものや、「帰宅した時、犬は落ち着いていますか? 飛びついてきますか?」「人に会った時、その人に飛びつきますか?」「散歩中、リードを引っ張りますか?」「吠え続けて注意を引こうとしますか?」「散歩から戻って30分~1時間後でも興奮した状態で、もっと遊びたがりますか?」「小動物を追い駆けますか?」といった衝動的行動に関連する質問も含まれている。

研究者らは、これらの撮影した写真とアンケート結果を用いて比較分析を行ったところ、犬のサイズ、不妊去勢手術をしているかどうか、医学的な問題などはマズルの白髪の広がりとは相関性が見られなかったが、音を怖がる、他の人や動物は苦手であるといった不安症傾向の行動、そして衝動的傾向の行動というのは有意に関連性が認められたそうだ。また、オス犬よりもメス犬のほうがより白髪が出やすい傾向にあるという。

より詳しい調査や研究が必要としながらも、研究者は、「不安や恐怖、衝動性に関連する行動の問題を診断する際、マズルの白髪度を観察することも有効である可能性があるのではないか?」としている。

もちろん、そうした行動が見られたら必ず白髪が出るというわけでもなければ、若白髪があるから何か行動の問題を抱えているはずだということでもないだろう。しかし、少々気になるのも事実。さて、皆さんの愛犬がまだ若いコだとしたら、白髪はある? ない?

参考資料:
Anxiety and impulsivity : Factors associated with premature graying in young dogs / Camille King et al. / Applied Animal Behaviour Science 185 (2016) 78-85, DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.applanim.2016.09.013

文/犬塚 凛

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

季節による気分の浮き沈み…これって犬にもあるの? (10.25)

  • ニュース

小型犬に特化した高機能・高品質なラグジュアリードッグウェアブランド「dytem」 (10.25)

  • ニュース

愛犬と秋を健康に過ごすために。気をつけたい植物と気候への対応、けがや病気について解説! (10.24)

  • ニュース

介助犬として柴犬が国内初認定!パートナーに夢と笑顔を与える柴犬「瑠奈」 (10.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る