TOP>ニュース > あなたはペットのために仕事を休める?

  • ニュース

あなたはペットのために仕事を休める?

年代で見ると、18歳~24歳の若い世代では約40%の人がペットの世話をするために仕事を休んだことがある答え、55歳以上の年代になると18%と下がる。これは、年代が上がると家庭をもっている人が多くなり、その分、自分の代わりに面倒を見てくれる家族がいるからということなのかもしれない。筆者の個人的体験では、愛犬が介護状態となり、犬生を終えた時がもっとも難儀をした。

その時お世話になっていた編集部は元々犬に理解があったことから、「しばらく休んでいいよ」と言ってもらえ、愛犬のそばにいることができたのだが、ある友人は同様に愛犬が介護状態となった時、毎日仕事の休憩時間には一旦自宅に戻り、世話をした後、また仕事場に戻るという生活を繰り返していた。その折、「犬の世話をしに家に戻るとはなかなか言えなくてね…」とも言っていたことを思い出す。

病気やケガ、介護、そうしたペットの世話が長引けば長引くほど、仕事をもっており、かつ代わりにペットの面倒を見てくれる人がいない場合には困ることも多いだろう。

新しく犬を迎えたりした時に「育犬休暇」としての有給休暇を取り入れた会社もあるが(記事「職場に犬がいることで仕事効率がアップする!?」)、そうした環境の整った仕事場というのは稀である。病気や介護が必要なペットのことは気になる。しかし、彼らの世話をするためにも稼ぐ必要はあるし、仕事に対する責任もある。さて、そんな時、あなたならどうする?

参考資料:
(*1)Should workers be allowed time off to take care of their poorly pets? / Animal Friends Pet Insurance(2017.6)

文/犬塚 凛

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

季節による気分の浮き沈み…これって犬にもあるの? (10.25)

  • ニュース

小型犬に特化した高機能・高品質なラグジュアリードッグウェアブランド「dytem」 (10.25)

  • ニュース

愛犬と秋を健康に過ごすために。気をつけたい植物と気候への対応、けがや病気について解説! (10.24)

  • ニュース

介助犬として柴犬が国内初認定!パートナーに夢と笑顔を与える柴犬「瑠奈」 (10.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る