TOP>ニュース > 今年はペットの防災がテーマ!「どうぶつ愛護フェスティバル」が上野で開催

  • ニュース

今年はペットの防災がテーマ!「どうぶつ愛護フェスティバル」が上野で開催

毎年、9月20日から26日までは動物愛護週間となっています。東京都では動物愛護週間の一環として、9月23日と24日の二日間に渡り、『どうぶつ愛護フェスティバル』(主催・動物愛護週間中央行事実行委員会)を開催しました。

今年のテーマは、「ペットも守ろう! 防災対策」。ペット飼育者はどのように災害に備えればいいのか、また、同行避難の必要性についてなど、これまでの災害から学んだペットの防災対策について考え、情報収集ができる二日間となりました。

大切なペットを災害から守るためにできることを!

1日目に開催された屋外行事では、ペット関連企業やペット愛護団体などのブースの出展、ペットの災害対策展示、ドッグトレーナーや獣医師による防災に関する講演、○×クイズ、地震体験車などもあり、盛りだくさんの内容でした。

イベントでは、ペットの災害対策の冊子を配布。災害時に慌てないためには、日頃からの備えが大切です。環境省発行の「ペットも守ろう! 防災対策」(環境省)、東京都福祉保健局発行の“ペットの防災リーフレット”は、それぞれのホームページからダウンロードできます。犬や猫の飼い主さんは、ぜひ、目を通しておいてください。

環境省 「ペットも守ろう! 防災対策」
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2909a/pdf/full.pdf

東京都 ペットの防災リーフレット
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/aigo/yomimono/panfuretto.files/24_bousai.pdf

ペットの防災対策をしているか、愛犬と会場を訪れていたご家族に話を伺ったところ、「私たち夫婦が出かけている間に地震が来るかもしれないので、愛犬だけでお留守番させる時は、ケージに入れています。揺れによる落下物があると危険なのでケージの周囲には物を置かず、窓から離した場所にケージを設置しています。あと、災害は犬の物資支援は人間よりも後回しになると思うので、ドライフードを常に1袋備蓄しています」とのことでした。

ペットが留守番している時に災害が起きた場合は、ご近所に様子を見に行ってもらえるように、日頃からお願いしておくのも良いかもしれませんね。

災害は、突然訪れるものです。もしもの時の備えや行動について、この機会に家族で話し合いを持つことをおすすめします。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

朝7時の犬【犬が死んだ朝】 (3.26)

  • ニュース

ドライブ中、犬と触れ合ったら交通違反…! (3.25)

  • ニュース

歯磨きをさせてくれない愛犬に試したい最後の手段 (3.23)

  • ニュース

素朴な疑問。犬は何匹の子犬を産める? (3.23)

  • ニュース

DOG DEPT 2019春夏の新作登場【ドッグウェア通信】 (3.21)

  • ニュース

人面犬ブームとは何だったのか…もう一度振り返りたいあの頃の都市伝説 (3.19)

  • ニュース

犬がしつけによく反応するのは〇歳がピーク (3.18)

  • ニュース

豪華プレゼントがもらえる!映画「PET2」の写真投稿キャンペーンを開催♪ (3.18)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る