TOP>ニュース > 愛犬はどの行動をとる?わんこが伝える愛情表現10

  • ニュース

愛犬はどの行動をとる?わんこが伝える愛情表現10

犬の愛情表現

「ドリトル先生」という名前を聞いたことがあるだろうか。もともとは人間に対して治療を行う医者なのだが、動物語を話せるようになってからは、次第に動物たちの病気を治すようになったというあの有名なイギリスの医者だ。

小説化もされているため、伝記や物語を読んだことのある人も多いかもしれない。なぜドリトル先生が動物語をはなせるようになったのかはさておき、動物と生活していれば多かれ少なかれ誰もが、「うちの犬や猫と話ができたらいいのに…」と思ったことがあるだろう。実は、動物語を完全に理解することは難しいが、「自分の犬が自分を愛してくれているか」がわかる方法があるのだ。

犬と人間は歴史から見てもとても深いつながりを持っており、その長い歴史から犬たちはユニークな方法で人間に対する愛情表現方法を身につけてきたと言われている。その表現(サイン)はとても繊細だ。いつもはっきりとしているわけではないが、どんなわずかなサインでも犬はあなたに「愛しているよ。」と表現しているとのこと。では、どのようなものがあるかを紹介しよう。(LittleThingsより)

1. じっと目を見つめてくる。

image001
出典:LittleThings / Maya Borenstein

アメリカのあるテレビ番組でのこと。ブライアン・ヘア氏という有名なドッグエキスパートに司会者が、「犬はどうやって愛情表現をするのか。」と聞いてみたところ、ヘア氏はこう答えたそうだ。「それは愛犬が飼い主をじっと見つめてくるときだね。その時、愛犬はこう言っているんだよ。『今、ボク(わたし)はこの目でパパやママをハグしているんだよ。』と。」

2. 飼い主のあくびをマネする

image003
出典:LittleThings / Maya Borenstein

よく一般的に「あくびは伝染する」という。これは人間同士だけではなく、人間と犬にもあてはまるのだそう。先にでたブライアン・ヘア氏の研究「あなたの犬はあなたを愛しているか。」によると、人が他の人のあくびをみてうつってしまうのは、共感や感情移入によるものだそうだ。そう考えると、犬が飼い主と同じ時にあくびをするのは、その犬と飼い主は密接な関係にあるということを示しているらしい。また、その研究では、犬は飼い主のあくびには反応するが、見知らぬ人に対してのあくびには反応しなかったと報告されている。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が… (9.16)

  • ニュース

とにかく、口についたヨーグルトが気になる (9.16)

  • ニュース

こぐまみたいにコロコロ丸い、ポメラニアン3姉妹から目が離せない! (9.14)

こぐまカットのポメラニアン3姉妹8
  • ニュース

もうおもちゃに飽きたの?わがままペットに試したい二大対処法 (9.13)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る