TOP>ニュース > 【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの十戒(8)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの十戒(8)

第十一章『マリアの十戒(8)』

※これまでの記事を見るには下のタイトルをクリック
【青山尚暉のワンderful LIFE】

8.私が言うことを聞かないとか、頑固だとか、怠けているからといってしかる前に、私がなにかで苦しんでいないか考えてほしい 。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それとも、もう体が老いて、 弱ってきているのかもしれないと・・・。

前にも言ったことがあるかもしれないけれど、マリアはあること に関してとっても頑固なんだ。それは家の外で起きることがほとんど。散 歩でいつもの公園に向かう途中、突然大きな音がしたり、バイクのバリバリした音が聞こえてきたり、公園でカーン、カーン と球を打つゲートボールの音がしたりすると、マリアはその場で固まって動けなくなるんだ。一番嫌いなのは雷の音と、富士の裾野や箱根あたりで聞こえる自衛隊の大砲の音だけどね。

大好きなママが「大丈夫よ」といくら言っても聞く耳なんて持たない。来た道を戻りお家に帰ろうと、リードをグイグイ引っ張ってママを困らせるんだ。いつだったか、パパとお散歩していた時 、突然怖い音がしたので、ハーフチェーンをすり抜けお家の方向へ一目散に走り出したんだ。赤信号の横断歩道を全力疾走で渡って逃げるマリアを追いかけたパパは生きた心地がしなかったって言ってた。もし車に跳ねられたりしたら・・・・。ママに何と言ってあやまればいいだろうとパパは思ったらしい。幸い、マリアは無事、パパより一足先にお家に到着。それからパパとの散歩のときはハーフチェーンじゃなく、絶対首から抜けないチョークチェーンに変えられたんだ。


散歩の途中でかたまったときの様子。しっぽは中に入り、すべての足でふんばり、抵抗している。飼い主としては、相当、カッコ悪いです。

だけど問題はそういうことじゃないんだ。チョークチェーンに変えても、お散歩中、頑固として動かなくなる性格は治りようもない。チョークチェーンをキュッと引いて言うことをきかせようとしても、おびえからは逃れられない。で、必死に後ずさりするんだけど、するとチョークチェーンが締まり、マリアは窒息寸前。のどがゼーゼー鳴る。この繰り返しにはさすがにパパも手をやいてるみたいなんだ。で、次にどんな手でくるかと思っていたら、何と胴輪作戦に出た。で も、付けるのが面倒だし、付けても恐い音がするとかたまり、抵抗するのに変わりないことを知って、これも1回限りであえなく却下。

パパやママは、マリアの前にとってもおとなしいゴールデンレトリーバーのナナ先輩と暮らしていたわけだから、大型犬の扱いに は慣れているはずなのに、マリアの頑固さには本当に困っているみたい。ガンコな性格を直す方法なんて、どんなしつけの本にも書いてないんだから。マリアはそれ以外では自画自賛したいほど従順にしているんだけどね。耳そうじ、歯磨き、つめ切り、ドライヤーだって嫌がらないし、されてもまったく抵抗しない。横になってなすがまま。むしろかまってもらえること、優しく触ってもらうことがうれしいぐらいなんだ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る