TOP>ニュース > 伸縮リードを安全に使うためにおさえておきたい3つのポイント

  • ニュース

伸縮リードを安全に使うためにおさえておきたい3つのポイント

ec23c11252f01039ce707efe33e80c5f_s

飼い主さんが操作ボタンでリードの長さを調節できる「伸縮リード」は、スタイリッシュなデザインと操作性から、人気が高いリードのひとつです。

しかし、伸縮リードの使用法をめぐっては、少し困ったことも起きているといいます。そこで、トラブルを回避するために必要な、伸縮リードの使い方3つのポイントについて考えてみました。

ポイント1

注意! 歩行中のリード長伸ばし&愛犬から目を離す行為

「リードを装着している」という安心感から、歩行中にリードを長く伸ばした状態で立ち話やスマートフォンの操作に夢中になり、愛犬への注意を怠る飼い主さんがいるようです。

リードを伸ばした状態で愛犬から目を離すと、歩行者への飛び付きや交通事故の危険性が高まります。また、犬の排泄に気付かず、そのままにしてしまうことも。

歩行中は伸縮リードを常に短く持ち、愛犬の行動に注意を払いながら歩くよう心掛けましょう。

ポイント2

広い場所でのリード伸ばしにご用心

伸縮リードはその名の通り、リードの長さ調節がウリとなっています。広い場所ではリードを長く伸ばし、「愛犬を遊ばせてあげたい」というのが飼い主さんの気持ちでしょう。

しかし、伸縮リードを伸ばしている長さによっては、急に人や犬が近づいてきた場合のとっさの対応がし難いこともあるります。

「リードを手で掴んで自分の元に愛犬を引き寄せればいいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、伸縮リードは素材にナイロンが使われていることが多いため、素手で掴むと摩擦でケガを負う危険があります。

飼い主さんは、周囲の状況に十分に気を配ること。そして、愛犬の行動を予測して、早めに対応するようにしましょう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「飼い主失格」を実感した日 (8.8)

  • ニュース

もう一度、犬を飼いたい。近所のおじさんのために犬の後継人を引き受けた人のお話 (8.7)

  • ニュース

アパレル会社勤務のティーカッププードル×配達員さんのメモリアル (8.5)

  • ニュース

犬が「きょとん」とした顔で首をかしげる意味 (8.5)

首をかしげる小型犬
もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る