TOP>ニュース > 【青山尚暉のワンderful LIFE】愛犬と暮らす幸せ(3)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】愛犬と暮らす幸せ(3)

第十章『愛犬と暮らす幸せ(3)』

※これまでの記事を見るには下のタイトルをクリック
【青山尚暉のワンderful LIFE】

今でもマリアに詫びたいと思うのは、あの、2011年3月11日のことです。カミサンは外出中で、ボクは仕事中に東京・お台場で被災し、家にやっとの思いでたどり着いたのはあたりが暗くなりはじめた午後4時すぎでした。東京ディズニーランドに近いわが家の周りはまさに惨憺(さんたん)たる状況でした。

液状化で大変なことになっていたのです。幸い、家はほとんど無事でしたが、何度も何度も相当グラグラ揺れたに違いありません。お台場のホテルにいても、立っていられなかったぐらい揺れたのですから。


2011年3月11日、17:01撮影。近所の様子です。液状化で道路は砂と泥水で埋まってしまいました。

その日、マリアは家で1人お留守番。玄関を開けると、マリアは玄関にへばりついていたようで、ハァハァ息を上げながら飛び出してきました。怖かったでしょうね、家の中にたった1人で。その証拠に、ホテルに迎えに行ったときのようにピョンピョン飛び跳ね、シッポをグルグル回すこともありません。ただただ恐怖から逃れたくてボクにまとわりついてくるだけでした。

家の中に入り、被災状況を確認していると(なにひとつ、倒れていませんでしたが)、もうお散歩の時間です。道路はうねり、ひび割れ、液状化で吹き上がった砂と水にまみれていました。そんな中を連れ出したのです。

本当に大変だったのはそれからです。水道は止まっていて、足元が泥だらけになったマリアを洗うこともできません。急いでマリアに食事とミネラルウオーターを与え、音信不通のカミサンと加入電話、携帯電話で連絡を取り合うこと数時間。やっと午後9時に家から15キロほどの距離にある避難所にいることが分かりました。幸い、わが家の電気は通っていて、マリアのいる場所だけ明るくして、クルマでカミサンの救出に出発です。

しかし、道路は大渋滞。いやほとんど動かない。道の両側には帰宅困難になった人たちが溢れていました。普段なら20分で着くはずの、たった15キロの距離だというのに、避難所となった、付近一体が停電して真っ暗な闇に包まれた中学校の体育館に着いたのは深夜0時を回ったころでした。

そして大変な思いをしたカミサンを連れ、静まり返った家にたどり着いたのは午前2時すぎ。玄関を開けると、本震のあとのたびたびの余震におびえ、かつて経験したことのない不安な時間を過ごしたマリアがドアの内側で待っていました。過呼吸気味で体を震わせたまま、ボクたちに飛びつきます。

「ママ、パパ、心配してたワン」

「地面と家が揺れて本当に怖かったワン」

気持ちはその両方でしょうね。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

2021年の「動物愛護週間」はインスタライブやオンラインでの施設見学会、健康・しつけ相談を... (9.27)

  • ニュース

犬よりも「人間のヒゲ」のほうが汚い…? (9.26)

  • ニュース

一匹の猫に何個の「リターボックス」が必要になる? (9.25)

  • ニュース

「自分を犬だと思ってない犬」が、鏡に映る自分を見た時の表情がこちら! (9.22)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る