TOP>ニュース > 【青山尚暉のワンderful LIFE】里親になるということ(6)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】里親になるということ(6)

第九章『里親になるということ(6)』

※これまでの記事を見るには下のタイトルをクリック
【青山尚暉のワンderful LIFE】

生まれてから何カ月か、何年か、他人が育てた犬が、果たして自分になついてくれるだろうか?あるいは、さまざまな理由で人間不信になっている犬が、再び人間と仲良くやっていけるのだろうか?そんな心配から、里親になることをためらってしまう人も少なくないはずです。

でも、犬は人間の子供以上に (!?) 従順な生き物です。ちゃんと愛情を注ぎ、しっかり面倒をみてやれば、飼い主を主人として認識してくれるでしょう。過去にどんな不幸な飼い方をされ、人間という生き物に不信感を持っていたとしても、「この人なら信用できる、この人は自分を愛してくれている」と理解させることはそう難しくないと思います。マリアだってそうだったように、何頭ものわが家で里親を探した犬たちも、それこそ数週間もすれば表情が変わっていきます。こちらを信用してくれるようになります。

勘違いしてほしくないのは、食事を与えてさえいれば飼い主として認められる・・・ではないということです。たしかにマリアだって、食事のときの喜びようはMAXに達します。生きていて良かった、この家の子でよかったと、しばしの幸福感に浸っているはずです。いつもおいしい食事をありがとうと、心から感謝してくれるでしょう。

けれども、人間の何倍ものスピードで年をとり、多くは人間の1/5ほどの歳月しか生きられない犬にとって時間はとても貴重です。その短い犬生の中でいかに多くの幸せを与えてあげられるか・・・そう考えると、毎日の生活の中で愛情を注ぎ続ける必要があるのです。食事を与えているから、あとは何もしなくていい、では犬は幸せになれません。できる限りの時間、犬と接し、ふれあい、言葉をかけ、愛情を注いでほしいのです。

重要なのは「信頼関係」です。日々の生活の中でそれが構築されていれば、例えば飼い主が帰宅困難者になり、帰りが遅くなったとしても、真っ暗な部屋の中で「きっと帰ってきてくれる、それまでトイレは、ご飯は我慢しよう」と自分に言い聞かせて、ちょっと心配しながらも飼い主の帰宅を、首を長くして待っていてくれるでしょう。マリアの場合、3月11日の震災のとき、外出先でゲリラ豪雨に遭遇し、帰宅が遅れに遅れたときも、トイレを我慢し、いい子でいちずに家族の帰りを待っていました。ちなみに、マリアは夜6時すぎまで誰も帰って来ないと、30分に1センチ、首が伸びます。


夕方、いつもの散歩時間に誰も帰って来ないと、首が長くなり始めます。玄関でこうしてけなげに待っていることもあるんです。もう、数㎝は首が伸びている。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の虐待を防ぐ!大阪市が虐待の電話相談窓口を開設 (2.20)

  • ニュース

映画「PET2」の最新映像がついに解禁!! (2.19)

  • ニュース

山道を行く人にぴったり付き添う妖怪「送り犬」の謎 (2.19)

  • ニュース

「犬の散歩を禁止」している国ってどこ? (2.18)

  • ニュース

一番最初に人間に名前をあたえられた犬って? (2.17)

  • ニュース

ペットの虐待を見つけたらどうしたらいい? (2.16)

  • ニュース

年をとって、寝ていることが多い…シニア犬は運動したほうがいい? (2.14)

  • ニュース

アテネオリンピック前に実施された「野犬保護プロジェクト」 (2.13)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る