TOP>ニュース > マツダ『CX-5』で行く春の那須高原・後編《マリアの遊園地初体験&サプライズな休日》

  • ニュース

マツダ『CX-5』で行く春の那須高原・後編《マリアの遊園地初体験&サプライズな休日》

青山尚暉のわんこと行くクルマ旅

マツダ『CX-5』で行く春の那須高原・後編《マリアの遊園地初体験&サプライズな休日》


マツダCX-5 25S L PACKAGE (2WD)

春の景色の中で鮮やかな色彩を放つピュアレッドのマツダCX-5で訪れた那須高原。TOWAピュアコテージでの滞在の翌朝は、絶景のドッグランで遊び、おなかをすかし、朝食です。


TOWAピュアコテージのアップグレードルーム


朝のお散歩に出掛けるよ

朝食は高原の洋食レストラン「ル・ロージェ」で。夜はペット同伴NGだけど、朝は全54席ものテラス席ならOK。マリアとララもトコトコ歩いてレストランへ向かいました。その道中もお散歩コースだから、効率いいです。


レストラン ル・ロージェ


テラス席もあり(この日は強風で休業中)

朝食はバイキングスタイルで、種類豊富な和洋食が用意されているんだって(中に入れないのでパパから聞きました)。


レストラン ル・ロージェの中はこんな感じ


ビュッフェスタイルの朝食だよ


パパたちは食事中

ところで、マリアとララが那須に乗ってきたマツダCX-5には、なかなかのドッグアクセサリーが用意されていました。まずはCX-5純正の後席用「ペットシートカバー」(2万520円)。前後席のヘッドレストにしっかり固定し、ハンモック状になり、急ブレーキを踏まれても後席の足元に落ちずに済む王道のペットシートカバー。

マリアは多くのペットシートカバーに乗っているけれど、マツダ純正のものは止水効果のある3層構造の素材で、厚手でフカフカの居心地で滑りにくく、なおかつ左右分割ファスナーのおかげで片側をたらすことができ、飼い主といっしょに座ることもできるスグレモノ。


マツダ純正の後席用ペットシートカバー


ララもペットシートマットの快適度に納得大満足

そして数種類あるラゲッジマットの中でマリアが感動したのが、CX-5専用設計、ジャストサイズに敷けるラゲッジトレイ・ソフトタイプ(1万8576円)。こちらも厚手のフカフカした生地で防水加工が施され(縁が立ち上がっているのもポイント)、さらにラゲッジフロアだけじゃなく、犬の抜け毛が付着しやすい6:4分割の後席背もたれ背面まで覆ってくれるタイプ。

つまり、6:4分割の後席を両方、または片方倒したときにも対応してくれるんだ。ダブルコートの犬は季節の変わり目にどどっと毛が抜けるけど、これを敷いておけば室内に付着する抜け毛汚れは最小限。もちろん雨の日に濡れた体のまま乗り込んでも防水素材だから安心わん。


CX-5純正のラゲッジマット・ソフトタイプ


座り心地、寝心地抜群だよ

朝食をいただき、またまたドッグランでおなかを軽くしたあと、パパたちはお部屋でのんびりしたり、朝の露天風呂につかったりして過ごしました。パパたちが帰りのパッキングをしている間、マリアたちはお部屋のテラスで那須高原の爽やかな風を浴び、今日これから始まる一大イベントに備えることに。


ドッグランの入り口には足洗い場が


昨晩、嬉しくて眠りが浅く、眠い・・・

そのイベントとは、マリアたちが生まれて始めて訪れる遊園地、「那須ハイランドパーク」へ“わんっダフルパス”を携えて行くこと。


遊園地の印籠、“わんっダフルパス”

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の体重を人間に換算するとどのくらいなの? (12.5)

  • ニュース

冬の散歩は足が冷える!犬のために、専用の靴を履かせるのはあり? (12.4)

  • ニュース

シンクロ歩きをするハスキーとコーギー (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る