TOP>ニュース > 【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの幸せ(7)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】マリアの幸せ(7)

第八章『マリアの幸せ(7)』

社会性を身につけさせる意味 その4

※これまでの記事を見るには下のタイトルをクリック
【青山尚暉のワンderful LIFE】

つまり、一番甘えられる、優しくしてくれる飼い主とばかりいっしょだと、社会性が身につくのが遅くなる、とも言えます。

だって、ママとならいい子に散歩できるのに、パパとだと引っ張る、吠えまくる・・・では危ない、みっともない。少なくとも、家族となら誰とでも同じようにいい子でお散歩できないと。いつもママがお散歩できるとは、限りませんし。

そうでないと、例えばペットホテルに預けたとき、問題のある子はスタッフにもかわいがってもらえず、結局、本犬が一番困ることなんです。であんまり仲良くない人とはお散歩しない、ママじゃないといい子にできない、吠え通しじゃまずい。


最初は大変なこともあったけど、今ではボクとも仲良くお散歩できるようになりました。しっかり左側について、交差点では一時停止。「ヨシ」と言わないと、横断歩道を渡らない。

ちなみに、犬を連れて行けない旅行中は、マリアを今ではおなじみになっている近所のペットホテルに預けます。そんなときマリアは、始めてお散歩してくれるペットホテルのお姉さんともすぐにうちとけ、仲良しになれるみたいです(スタッフからそう、聞いています)。それもこれまでいろいろな人といっしょにいる時間、経験があったからだと思えます。偉いです。

そう、2年半、鹿児島の山奥で社会から隔離されて育った、2歳半の大人になってもまったく社会性のなかった、ある日突然、見ず知らずの里親のところに迎え入れられたマリアだって、あっと言う間にちゃんといい子になれるんですから。

でも、そのためには毎日の生活の中で築く飼い主との信頼関係はもちろん、なるべく多く旅することが、なるべく多くの犬や人といっしょにいさせ、違う環境に対応させることが大切だ、そう言いたいわけです。社会性が身につくということは、愛犬にとっても、飼い主にとっても幸せなんですから。 『愛犬と暮らし旅する幸せ』 そのものズバリなんですけどね・・・・。


湖のほとりにあるコテージのテラスにて。愛犬と過ごす極上の時間です。社会性が身につけば、気後れせず、どんなところでもいっしょに行くことができます。

ちなみに、ボクはマリアが吠えている声を一度も聞いたことがありません。

『無駄ぼえゼロ宣言!』

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「犬と赤ちゃんのいる生活」にほっこり、幸せ。 (9.19)

  • ニュース

エスニック風揚げ春巻き【わんこも食べれる簡単ごはん】 (9.19)

  • ニュース

愛犬との散歩をSNSに投稿する人に「ちょっとまった!」 (9.18)

  • ニュース

隙間からこんにちは【本日も、モフモフ。】 (9.18)

  • ニュース

ピンの想い出【ピンがいた日々】 (9.18)

  • ニュース

DIME11月号の特別付録「デジタル計量スプーン」でペットフードを測ってみた。 (9.17)

  • ニュース

死んだらと想像しただけで、本気で涙が出る【虹の橋を渡る日まで】 (9.17)

  • ニュース

必ず訪れるペットとの別れ。【犬が死んだ朝 傑作選】 (9.17)

もっと見る

注目のグッズ

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る