TOP>ニュース > 【ドッグフレンドリー・カー】VWティグアン ハイライン

  • ニュース

【ドッグフレンドリー・カー】VWティグアン ハイライン

今月のドッグフレンドリー・カー VWティグアン ハイライン

マリアが選んだ今月のドッグフレンドリーカーは、発売されたばかりのフォルクスワーゲンのコンパクトSUV、Newティグアンです。なにしろ待望のVW最新のMQBプラットフォームの採用で、中身が一気に新しくなったんですからもう大注目です。


先代と違いインフォメーションは日本語表示に


コンパクトでスタイリッシュさ満点

一段と洗練されたVW最新の顔つきを持つ、ホイールアーチにあるSUVのお約束と言える樹脂バネルが面一になっているスマートなエクステリア、「つながるSUV」をうたうVW最新のモバイルオンラインサービスを採用したインフォテイメントシステム、メーター内にナビゲーション画面まで表示できるデジタルメータークラスターなど、デザイン、機能の新しさ、先進性は圧巻。


VW最新のスリークな顔つきに


ホイールアーチのカバーはフェンダーと面一


メーターにナビマップを表示可。メーターの大きさも変えられます

VWインフォテイメントシステムは例えば走行中でもナビの検索を行えるオンラインボイス検索を始め、オンライングーグル検索などが可能。グーグルのストリートビューも表示でき、さらにナビタイムのリアルタイムデータで近くの駐車場の空き状況、ガソリンスタンドの場所はもちろん、ガソリンの価格順に表示することもできるのですから、ティグアンはもはや走るパソコン&タブレット。


最新のインフォテイメントシステムを装備

しかし、それ以上に自称自動車評論犬!?のマリアが注目したのは、VWのSUVとしてのドッグフレンドリー度もまた格段に向上したところ。

まずは走行性能。ティグアンはSUVのカタチをしていても、今のところFF(前輪駆動)のみの設定。その走りっぷりはSUVらしからぬ快適性、静かさ、低重心感覚の姿勢変化の少なさ、燃費の良さを実現したもので、とにかく小回りが利き(最小回転半径5.4mはVWパサート、5ナンバーサイズのホンダステップワゴンと同じ)、視界が高くルーミーなため、運転は想定外に楽々。犬を含めた乗員はまるで高級サルーンに乗っているかのような快適感に包まれます。加えて後席~ラゲッジに乗った犬にうれしい後席エアコン吹き出し口、その温度調整機能!!も完備しているんです。


最小回転半径は5.4mと小回り性抜群


後席エアコン吹き出し口は温度調整可

聴覚に優れ、車内でどこかにつかまれない、暑がりの犬にとってVWティグアンの車内は最高のドライブ環境というわけ。後席はハイライン以上ならシートヒーターも備わる特等席。冬、わが家の寒がりのジャックラッセルのララにはぴったりかも。

しかもラゲッジは開口部地上高こそゴルフやパサートのヴァリアント(ステーションワゴン)と違い約715mmと高めですが(SUVとしては標準的)、開口部に段差なく、フロアは最小幅1000mm、奥行き870mmと広大。マリアのような大型犬だってゆったり寛げるスペースです。さらに後席を倒し格納すれば、多少の角度はつくものの、フロア長は約1480mmに達します。


リヤビューもスマート&スタイリッシュ


ラゲッジの開口部はVWのワゴンのように段差なし


後席使用時でもこの広さ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る