TOP>ニュース > 【ドッグフレンドリー・カー】メルセデスベンツVクラス

  • ニュース

【ドッグフレンドリー・カー】メルセデスベンツVクラス

今月のドッグフレンドリー・カー メルセデスベンツVクラス

メルセデスベンツ唯一の3列シート、7人乗りの両側スライドドアを備えたミニバンがVクラス。最新モデルは2.2Lディーゼルエンジンのみで勝負する、商用車ベースの威風堂々たる多人数乗用車です。

そのVクラスには標準ボディー、ロング、エクストラロングがあり、一般的な愛犬家にとって適切なのは標準かロング。それぞれ全幅1930mm、全高1880mm、ホイールベース3200mmは同一ながら、全長は4905mm、5150mmの違いがあります。

ホイールベースが同じだから、いったいどこが長くなっているかと言えば、1-3列目席のキャビン部分は同一。ラゲッジの奥行きの違いがすべて。具体的には前後スライドする2/3列目席の3列目最後端位置だと標準ボディーは340mm、ロングは510mm。標準ボディーでも3列目席を最前端位置にスライドさせるとラゲッジ奥行きは1000mmに達し、幅方向も1215mmもあるため、天井高1200~1300mmの高さもあって、大型クレートの設置も楽々可能です。

人間中心の乗車、最大6名程度の乗車が主なら標準車。フル乗車、ラゲッジに荷物を満載し、愛犬を乗せてドライブする機会もある使い方ならロングを選ぶのが正解でしょう。

Vクラスのドッグフレンドリーポイントはまず犬の乗降性。スライドドア部分のステップは地上380mmとごく低い高さにあり、フロアはそこから115mm高い495mmにある。中型犬でもステップに足をかけやすく、乗降は容易。一方、ラゲッジ側は開口部地上高が例えばメルセデスベンツC/Eクラスステーションワゴンより100mmほど低い530mmとかなり低め。開口部に段差なく、大型犬、ジャンプ力のある中小型犬ならジャンプして乗り降りしやすい高さです。

2列目席はセパレートシート限定だから、乗車できるのは小型犬のみ。中大型犬は3列目席、拡大したラゲッジ部分、2列目席を最後端位置にセットしたときの2列目席足元フロアなどが乗車場所。中大型犬を3列目席に乗せる場合、2列目席前倒しウォークインによって乗降幅は最大450mmもあるから快適に乗り降りさせられます。ただし、2列目席セパレートシート間のすき間(ウォークスルー幅)は約80mm。横並び状態だと中大型犬が通れる幅はありません。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬家はお試しあれ!床掃除の悩みを解決する「ケルヒャーフロアクリーナー」 (8.22)

ケルヒャーフロアクリーナー20
  • ニュース

愛しい相手がいるすべての人に。映画『駅までの道をおしえて』 (8.22)

『駅までの道をおしえて』3
  • ニュース

人の死の予兆できる特殊な能力を持つ雑種犬の文福 (8.22)

人生の最後に寄り添う「看取り犬」文福の奇跡4
  • ニュース

お散歩のお供に♪鯖サンド【わんこも食べれる簡単ごはん】 (8.21)

  • ニュース

大学病院で職員として働く犬がいる『ずっとずっと、ともだちだよ… 病院勤務犬・ミカの物語』 (8.21)

  • ニュース

王侯・貴族だけが飼育できた特別な犬「ワイマラナー」 (8.20)

  • ニュース

一瞬で虜になるセシリア・ズッカラートの犬写真14選 (8.18)

  • ニュース

猛暑大国日本では、ペットの室内熱中症対策は必須! (8.17)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る