TOP>ニュース > 【ドッグフレンドリー・カー】スズキソリオHV

  • ニュース

【ドッグフレンドリー・カー】スズキソリオHV

今月のドッグフレンドリー・カー スズキソリオHV

 

ソリオHVスタイル
最新のソリオHV

コンパクトカーにして両側スライドドアを備え、後席広々、多彩なシートアレンジ性を持つ、プチバン的存在がスズキ・ソリオ。

ソリオHVリヤスタイル
ブチバンと呼べるスタイリング

そんなスズキ・ソリオに2016年末、これまであったマイルドHVに加え、待望のフルHVモデルが登場しました。気になるJC08モード燃費はマイルドHVの27.8km/Lに対して、フルHVは32.0km/Lとクラストップレベルを誇ります。

もちろん、HVはモーターだけで走るEV走行も可能。時速約45~60キロ以下で約3分間、2キロまでOKとのこと。

EV走行
EV走行モードに入るとEVインジケーターが点灯

実際に走ってみると、出足のモーターアシストによる力強さ、スムーズさはマイルドHV以上。走行中の静粛性も一段と高まった印象です。犬は聴覚に優れていますから、ドライブは静かであるほど快適。ストレスもないのです。

P1080446ソリオ
写真はマイルドHV車

P1080491
新設定のHVモデル

乗り心地は乗員にも犬にも優しいゆったりマイルドなタッチが身の上ですが、実は1.2Lのエンジンの動力性能はマイルドHVと91psという数値こそ同じですが、HVはモーター出力13.6psのアドオンがあり(マイルドHVは3.1ps)、よりパワフルでスムーズに速いのです。そのぶん、アクセルをあまり踏まずに同等の加速が得られるのですから、より静かに走るというわけ。

DSCN3713ソリオ

ただし、愛犬を乗せているときはゆったりした走りが基本。ECOスイッチをONにしておけば、自然と犬も喜ぶスムーズでエコノミーな走行が可能です。

SW
愛犬を乗せるときはECOモードスイッチON

ソリオは犬の乗降性、乗車性も抜群です。両側スライドドアの開口部は地上335mmと、小型犬でも楽々飛び乗れるノンステップバス並みの低さ。開口幅は640mmとたっぷり。

スライドドア
スライドドアのステップ高は335mm

スライドドアステップ
ステップとフロアに段差なし!!

P1080555
運転席からスライドドアの開閉が可能

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬を乗せている自動車の掃除方法を大紹介 (12.7)

  • ニュース

食いしん坊な愛犬、どうすればダイエットに成功できる? (12.7)

  • ニュース

犬の体重を人間に換算するとどのくらいなの? (12.5)

  • ニュース

冬の散歩は足が冷える!犬のために、専用の靴を履かせるのはあり? (12.4)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る