TOP>ニュース > 【青山尚暉のワンderful LIFE】『犬と旅するということ』(1)

  • ニュース

【青山尚暉のワンderful LIFE】『犬と旅するということ』(1)

第三章 『犬と旅するということ』(1)

1994年7月2日に生まれ、2005年3月12日に、10歳8カ月である日突然、宙へと旅立ったナナの犬生はとても短く感じられました。愛くるしい犬は、しかしいつでも、いつまでも元気でそばにいてくれるわけではないということを、思い知らされました。

nana021124_sitsukekyoshitsu3-thumb-576x768-1943
nana 2003年、9歳。 犬のしつけ教室で先生役をやっていたころ。アニマルセラピー犬として病院、施設を訪れていたこともありました。なかなかの働き者だったんです……

とても残念なことに、犬は人間の何倍ものスピードで年をとっていきます。とくに大型犬は7~8倍のスピードといわれ、10歳で人間の75歳に相当するらしいのです。平均寿命が11歳から12歳ですから、人間年齢の平均寿命と変わらない、とも言えるんですけどね・・・。

つまりは、生まれたばかりの仔犬を飼ったとしても、”生まれて余命10数年と宣告された子供”のようなもの、かも知れません。悲しい現実ですが、飼い主に多くの幸せと癒やしを与えてくれる犬たちの寿命はとても短い・・・と心して接しなければならないのです。

だからこそ、短い犬生の中で、楽しい思い出をひとつでも多く経験させてあげたい、ずーっといっしょにいられる時間を1分でも多く与えてあげたい。愛犬が犬生を終えたとき、後悔をしないためにも、です。犬は唯一、信頼できる飼い主、家族といっしょにいることが、かまってもらえることが大好きなのですから。

しかしながら日常生活ではみな忙しく、日中、ひとりぼっちにさせたり、夜、飼い主や家族の帰りを待たせることも少なくないでしょう。1日中、そばにいてあげられない、それが現実です。

でも、楽しい思い出と、ずーっといっしょにいられる時間をつくるのはそう難しいことではありません。愛犬とドライブし、そして1泊でも2泊でも旅すればいいのです。

elfo_africaroom-thumb-620x466-1934
山中湖「カーロフォレスタ ・エルフォ」の アフリカルームにて。窓の外はプライベートガーデン。飼い主と愛犬が幸せな気分になれて、滞在中、ひとときも離れずに済む、とっておきのメゾネットタイプのコテージ風プレステージホテル。夕食はお部屋のダイニングスペースで。マリアも大満足。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る