TOP>ニュース > 【ドッグフレンドリー・カー】スズキ ソリオ

  • ニュース

【ドッグフレンドリー・カー】スズキ ソリオ

今月のドッグフレンドリー・カー スズキ ソリオ

s1

中大型犬の飼い主でも、駐車場の制約や運転技術の熟練度などによって、大きいクルマはNG。理想は5ナンバーサイズのコンパクトカーで、とびっきり犬を乗せやすいクルマ・・・そんな要望に応えてくれるのが、自称自動車評論犬!?のマリアがお薦めするプチバンと呼べるドッグフレンドリーカー、スズキ ソリオです。

s2
スポーティ仕様のソリオ・バンディッド

s3
スライドドア完備のコンパクトカーは希少

全長3710×全幅1625×全高1725mm、ホイールベース2480mmというサイズは、多くの5ナンバー車より幅が狭く、しかし全高はミニバンのように高いのです。しかもリヤドアにこのクラスでは数少ない両側パワースライドドアを備え、フロアへの段差のないステップは小型犬でもジャンプしやすい地上高355mm。後席165mmの前後スライドによってシートアレンジは自由自在。後席を倒し、格納した拡大ラゲッジフロアは幅1030mm、フロア奥行き1120mmと広大です。

s3-2

犬が後席座面に乗り込むのも容易。シートはフロアから355mmという低い位置にセットされているため、低いステップからフロアに乗り込み、ジャンプしてシートに飛び乗りやすいのです。

s4

犬の乗車位置はそんな後席座面のほか、5:5分割式の後席を片側、または両側倒し、フラット化した拡大ラゲッジ、さらに後席を最高端位置にセットしたときの幅1250mm、奥行き500mmもの大型犬でもゆったりできるフラットフロア(マット、クッションを敷いて上げてくださいね)と多彩。ソリオの純正アクセサリーとして、後席にペットを乗せたときの汚れ防止に役立つ「シートクリーンカバー」なども用意されています。

s5
純正アクセサリーのペット用「シートクリーンカバー」(17280円)を装着

s6
後席を格納したフロアに「シートクリーンカバー」を敷いたらぴったり

s7
広々とした後席足元フロアでくつろぐことも可能

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

飼い主も大満足!リビングに置きたいオシャレな爪とぎ4選 (7.25)

  • ニュース

犬の牙が人に向けられない不思議な奇跡 (7.25)

  • ニュース

おもちゃくわえた時のお口の膨らみが好き。 (7.24)

  • ニュース

ペットが迷子になったとき!マイクロチップの有無が再会の期待度を左右する! (7.24)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る