TOP>ニュース > 獣医師が伝授!自分でできるペットの健康チェック法《皮膚・被毛、食事、排泄物編》

  • ニュース

獣医師が伝授!自分でできるペットの健康チェック法《皮膚・被毛、食事、排泄物編》

PETomorrow(ペットゥモロー)】

獣医師が伝授!自分でできるペットの健康チェック法《皮膚・被毛、食事、排泄物編》

犬や猫の健康状態は、皮膚や被毛、食欲、排泄物にも、顕著に表れるものです。毛ヅヤは良いか、皮膚にトラブルはないか、食欲の有無や水分補給はきちんと摂れているか、排泄物は気になる色や形をしていないかなど、項目ごとにチェックしましょう。

また、年齢を重ねたことで起こる体調の変化や表れる症状もありますが、「年齢のせいだろう」などという思い込みや憶測で判断をするのはとても危険です。健康チェックで少しでも気になることがあれば、すぐに掛かりつけの動物病院で診察を受けさせてください。

IMG_3777

皮膚・被毛を見よう

ブラッシングを行う際には、被毛と皮膚の状態をよく見るだけでなく、においも忘れずに嗅ぎましょう。

・ 被毛にパサつきはないか……被毛のツヤがなくパサつき始めるのは、老化現象の一つです。但し、年齢が若いのに毛並みが悪い場合、栄養バランスの偏りが考えられます。食について、動物病院で相談しましょう。

・ 皮膚・被毛はベトついていないか……定期的にシャンプーをしていても、皮膚や被毛のベトつき、気になるニオイがする時、フケが出やすい場合は、皮膚トラブルの可能性があります。

・ 湿疹などが出来てないか……被毛を掻き分けて、湿疹やイボなどの有無を確認します。見つけた場合は、動物病院で検査してもらいましょう。

・ 体をやたらと掻いている……ノミやダニの寄生、アレルギー、カビなど細菌に感染していると、犬や猫は体のあちこちをやたらと痒がります。皮膚に炎症が見られたら、動物病院で治療を受けさせてください。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

飼い主も大満足!リビングに置きたいオシャレな爪とぎ4選 (7.25)

  • ニュース

犬の牙が人に向けられない不思議な奇跡 (7.25)

  • ニュース

おもちゃくわえた時のお口の膨らみが好き。 (7.24)

  • ニュース

ペットが迷子になったとき!マイクロチップの有無が再会の期待度を左右する! (7.24)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る