TOP>ニュース > うちの犬、雷・花火が怖い!その原因と対処法

  • ニュース

うちの犬、雷・花火が怖い!その原因と対処法

PETomorrow(ペットゥモロー)】

夏の風物詩と言えば海水浴にスイカ、風鈴といろいろあるが、雷や花火が苦手な犬にとってはそれどころじゃないだろう。パニック状態になるほど重症の場合には、犬にとっても、一緒に暮らす飼い主にとっても辛いひと時となってしまう。

hanabi_3 (1)
矯正トレーニングをするのであれば、雷や花火がない季節・環境で行うのが理想的/©Pmoon

雷や花火が怖い犬の主な反応や症状

その反応や症状としては、主に以下のようなものがある。

・吠える。
・震える。
・息遣いが荒くなる。
・よだれが多くなる。
・おもらしや嘔吐。
・うろうろして落ち着かない。
・体が固まったまま動けなくなる。
・神経過敏になる。
・飼い主にぴったりくっついて離れようとしない。
・逃げる、隠れる(雷の場合、お風呂場のような水がある場所であることも)。
・逆に音のするほうに立ち向かっていく。
・周囲にあるものを壊す。
・飲食や周囲のものに興味を示すほどの余裕がもてない。

以上のように、心理・生理・行動に大きく影響が表れる。気づきにくいが、足の裏(パッド)にじっとり汗をかいていることもある。こうした恐怖症では、どこかに隠れてじっとしているというならまだいいが、外に逃げ出して迷子になる、事故に遭うというようなケースもあるというのは心配なことだ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬の寒さ対策を万全に。冬を快適に過ごす3つのアイデア (1.23)

  • ニュース

愛犬が健康で長生きするためには?3つの生活習慣と飼い主さんができるウェルネスチェックをご紹... (1.22)

  • ニュース

愛犬愛猫のための最高品質トイレシート『ネオシーツセレブ』誕生 (1.21)

  • ニュース

犬はやはり頭がいい…スイス発・平均89単語ほどの言葉を理解したという研究レポート (1.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る