TOP>ニュース > ペットもいっしょにお墓に入れる霊園「町田いずみ浄苑」に行ってきた

  • ニュース

ペットもいっしょにお墓に入れる霊園「町田いずみ浄苑」に行ってきた

IMG_0277

墓地は芝生が多く、それに合わせて洋風のお墓が多く見られた。その中で、よく見ると墓石の上に、犬猫のシルエットや写真、足跡などのデザイン、さらに犬猫の石像まで設置されたものもあった。そして、ひとつの区画にふたつの墓石があるものも。これは飼い主とペットそれぞれ別の墓石を設置しているためだ。これらが「ウィズペット」のお墓である。飼い主それぞれの想いを反映するかたちでつくられているようだ。

IMG_0281

なお、同霊園では「ウィズペット」だけでなく、ペットの共同墓地や個別墓地も併設されている。

IMG_0275

だが、こんな特別なお墓をつくったら、かなりの費用がかかるのではと心配になってしまった。そこで、同霊園で「ウィズペット」のお墓を建てている石材店、メモリアルアートの大野屋(東京都新宿区)に聞いてみた。

「一般的なお墓と比べ特別高いということはありません」との回答。ちなみに費用総額は161万8000円(うち永代使用料91万8000円、税別)から。また、ひとつのお墓に対して、遺骨はスペースの範囲内で何体でも入れることができ、さらに、犬猫だけでなくペットならなんでもオッケー。中にはうさぎや小鳥のお骨を納めている人もいるそうだ。いろんなペットをたくさん飼っている人にはうれしいかぎりであろう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る