TOP>ニュース > 赤ちゃんと犬、一緒にしてて大丈夫?過去には深刻な事故が起きたケースも

  • ニュース

赤ちゃんと犬、一緒にしてて大丈夫?過去には深刻な事故が起きたケースも

赤ちゃんを見守る人間以外の動物。その光景は微笑ましいけど、ほんとに平気?

先日、SNSを眺めていると人間の赤ちゃんを我が子のように毛づくろいしたり、隣に寄り添って寝ている猫の動画が流れてきた。微笑ましいことこの上ない動画だったが、その発信に紐づけされていたもう一つの動画は、赤ちゃんが猫をビンタしたところ、猫が怒って赤ちゃんを蹴り倒すというもの。これもこれでまあ微笑ましいんだけど、もし別の方法で怒っていたらと思うと手放しには笑ってられない。

猫には鋭い爪も牙もある。これを武器として振るっていなかったのは不幸中の幸い。ましてやもっと体の大きな動物。それこそ犬の場合は下手に赤ちゃんが個体の機嫌を損ねるとシャレにならない事態を招く。極端な話、少し噛むだけで出血沙汰すら引き起こせるわけだし。

だからこそ、赤ちゃんをみだりに動物と一緒の空間に置くべきではないと感じる。その根拠となる悲しい事例などについて、ちょっと今回は話をしていきたい。

犬は赤ちゃんにも無条件で無害なわけではないことを知っておこう

大前提として、犬を飼育する場合は近隣に迷惑をかけないため、家族との調和を保つためにもしっかり躾をほどこすことが第一義となる。噛む。吠える。こういう問題行動を徹底して起こさせないには、まず躾ありきだ。なので、しっかりとした躾を受けた犬であれば、たとえ飼い主に子供が生まれても、その性質が、少なくとも飼い主の目を通して見る限りでは急変することはない。

ところが現実には、犬が赤ちゃんを怪我させたというような事例はこれまでに世界中で起きている。一つにはまず飼い主の注意不足もある。犬に悪気がなくても、まだ小さい赤ちゃんを踏んでしまったりするとサイズによっては一大事になってしまう。

または赤ちゃんに対して好意的であっても、ちょっとした甘噛みのせいで薄い肌に怪我を負わせることもある。さらには赤ちゃんに犬アレルギーを発症させてしまう可能性だってないわけではない。症状が重篤であれば命にかかわってしまうし、こうなると犬と赤ちゃんは完全に別離させなければならなくなる。

ここ数年の間だけで、日本でも飼い犬に赤ちゃんが噛まれてしまい亡くなるという痛ましい事故は実際に起きている。噛むだけでも赤ちゃんの命を簡単に奪える動物。それが犬なのだ。このような事故を起こす犬種もさまざまで、一般的に知能が高く分別も付くとされるゴールデンレトリバーがそういった手段に出た場合もある。「この子は賢い犬種だから大丈夫」と油断してはいけないということが言えるわけだ。

犬が嫉妬で新生児を襲ったケースも。避けられる事例は避けるべき

犬がなぜ赤ちゃんを襲う場合があるのか。これについてはあくまでも犬自身に理由を聞く術がないわけだが、多くの専門家は嫉妬が根底にあると考えている。たとえば2020年に起きたブラジルでの死亡事故もまた、原因は犬の嫉妬にあるとされている。

エキサイトニュースが同年7月に「9年かけてようやく授かった生後26日の双子 飼い犬に襲われ死亡(ブラジル)」という記事を配信していた。この事件では飼い主が念願の我が子を。それも双子を出産して幸せの絶頂にあった最中に、愛犬が双子を襲って死なせてしまっている。

そしてこの記事には、双子を襲った原因が嫉妬ではないか? と示唆する一文もある。引用させていただきたい。

「夫妻は9年間子供ができず、双子の誕生をとても喜んでいたそうで、親類は『優しい犬が急変したのは、双子の誕生により家族からの注目や愛情が自分だけに注がれなくなって嫉妬したためでしょう。こんなことになって本当に残念です』とうなだれた」

新しい家族が誕生したことで自分の立場が顧みられなくなったのでは? と考えて敵意を抱くというのは犬にとっては割とよくある習性なのかもしれない。しかし通常、家族が増えたり、別の動物が家にやってきても、今までと変わらない愛情を向けてさえいればその嫉妬心も拡大することはない。

とは言え赤ちゃんができたことで舞い上がらない母親などいないわけだし、ついつい愛犬よりも自分の子供に手が掛かることだって珍しくはないだろう。この辺りは、言葉が通じない者同士だからこその齟齬があったと考える他ない。

犬と赤ちゃんの共存には、臆病過ぎるほどに慎重であっても間違いではないのでは?

そもそも人間の赤ちゃんという無防備な存在は、しっかりと親が庇護しなければたちまちに死んでしまうもの。だからこそ甲斐甲斐しいお世話は必須になるが、その様子を四六時中見せられる犬としては、飼い主のことを好きであればあるだけ面白くない。

赤ちゃんを襲う犬の事故に比較的共通しているのが、飼い主の前では大人しいという点。日頃から赤ちゃんを見て唸ったり吠えるといった素振りがないのだ。前述のブラジルの例も飼い主が目を離したときに凶行に及んでいる。こういう事故が実際に起きてしまっている以上、常に赤ちゃんから目を離さないという心構えは必須となる。

もっと言えば、赤ちゃんが生まれたら愛犬との共存に関しては、本当に徹底して注意を怠らない心構えも必要ではないだろうか。赤ちゃんに対して愛犬が吠えるとか、嫉妬している様子を確認できなくても、である。

愛犬を一番理解しているのは飼い主に違いないが、その愛犬の本心までは誰にも分からないのだから。

文/松本ミゾレ

【参考】
エキサイトニュース「9年かけてようやく授かった生後26日の双子 飼い犬に襲われ死亡(ブラジル)」
https://www.excite.co.jp/news/article/Techinsight_20200702_699862/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る