TOP>ニュース > 愛犬と床暖房の親和性は抜群!ただしほんの少し温度には注意が必要かも

  • ニュース

愛犬と床暖房の親和性は抜群!ただしほんの少し温度には注意が必要かも

床暖房、そのままの温度だと暑がるワンちゃんも?

おととしの暮れ、少しだけ用事があって親戚の家にお邪魔したところ、ボロボロだった母屋がすっかりリフォームされていて、床暖房まで設置されていた。恥ずかしながら床暖房とは無縁の人生だったので、そのぬくもりを確かめてみたところ、なんとも居心地がいい。ただ、ちょっと床の上に直で座っていると暑さをおぼえることもあったので「これならなんか敷いたほうがいいかも」と思ったところだ。

この家にはまだ若い犬がいたが、犬も同じ考えだったようで、ある程度床暖房で暖まったあとは、暑くなったのだろう。ソファーに移動してそこでまどろみ、寒くなったらまた床暖房……という感じでせわしなく往復していた。

床暖房って割とデフォだと暑過ぎないですか?

こういうこともあって、知り合いに床暖房が家にある人がいるかどうかを折を見て探していたんだけど、やっぱり床暖房は便利だけど、正直持て余し気味という人も数人いた。なんでも、床暖房を使うよりエアコンの暖房やストーブでも十分で、別に無理して導入しなくても良かったかも……と言うのだ。

もちろん、寒冷地になれば床暖房の有用性はさらに増すことだろうけど、本州平野部辺りだと、なくても平気というか。それこそ、知人からは「ペットにとっては床暖房は、そのままではやっぱり暑いと感じる場合もあるかも」との話も聞いた。

自宅に床暖房があるが、これを起動させると最初は飼い犬が喜んで使うものの、やっぱりほどなくすると暑がって離れていくというのだ。この家で飼っている犬はチワワ。身体が小さく冬場も寒かろうと床暖房をつけているけど、身体が小さいということは暖かい場所にいればそれだけすぐに体も温まるということ。それで暑さをおぼえて退避していたということだろう。もちろん、寒いよりは全然いい。

床暖房の上にカーペットを敷いたり、クッションを置くなどして愛犬が体温をうまく調節できる環境を

床暖房というのは、冬の足元を温める素晴らしい設備である。冷え性の人にとっては欠かせない機能とも言えるだろう。

ただ、直に床暖房に寝転ぶと暑がる犬がいるというのはここまで書いてきたとおり。なので少しだけ暑さを遮断するために、やや薄めのカーペットを敷いたり、クッションを床に置いておくなどの工夫があるととてもいいかもしれない。これならずっと床暖房から伝わるじわじわとしたぬくもりを愛犬も感じられるし、クッションがあればそこに半身を置いて、自分で体温調節もできる。

犬の性格によっては、多少暑いと感じていても飼い主さんと一緒にいたいから我慢してその場に居続けることも考えられる。それはそれで可愛いが可哀想でもあるので、何らかの方法で愛犬が無理なく暖かさを享受できる環境を用意してあげるのも大切ではないだろうか。

ちなみに、床暖房だけに限らずあまりに暖かい環境は冬場であっても愛犬にとっては負担となる場合もある。ホットカーペットにせよ暖房にせよ、飼っている犬種の暑さへの適正に応じて都度飼い主が最適な状態に管理しておく必要がある。あわせて湿度も重要となることは、もちろん言うまでもない。

暑い国が原産地の犬となると多少は人の生活する際の室温と湿度にも慣れるものだが、寒冷地出身の犬の場合はよりデリケートな扱いをするほうが間違いがない。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る