TOP>ニュース > 首輪とハーネス、愛犬にぴったりなのはどっち?メリット・デメリットと選び方・注意点を解説!

  • ニュース

首輪とハーネス、愛犬にぴったりなのはどっち?メリット・デメリットと選び方・注意点を解説!

首輪とハーネス、愛犬にぴったりなアイテムの選び方

愛犬家の中には、首輪とハーネスのどちらを選べば良いのか迷っている方がいらっしゃるかもしれません。見た目の印象で首輪よりハーネスの方が負担が小さいのではないか、ハーネスは体から抜けやすいのではないかなど、愛犬家を悩ませる要素は多いようです。

首輪とハーネスはどちらが良いというものではなく、目的や愛犬の種類、体調によって使い分けるものです。この記事では首輪とハーネス、それぞれのメリットとデメリット、選び方や注意点をご紹介します。

首輪のメリット・デメリット

首輪は付け外しが簡単で、愛犬にも飼い主さんにも負担がかからない点がメリットです。いつも付けておきたい迷子札や鑑札を留めておけるので、逃げ出したり迷子になったりといった万が一のときに役に立つ点もメリットと言えますね。

首輪は、愛犬に飼い主さんの意思を伝える方法としても優れています。首を引くことで歩く方向や立ち止まるときなど、指示が分かりやすく伝わるため、愛犬の引っ張りをやめさせるためのトレーニング用には首輪が使われます。

一方、首輪のデメリットは引っ張る力が首に集中することです。強く引くと痛みがあるだけでなく首に負担がかかりやすく、気管が弱い子、ヘルニアを持っている子や老犬にはおすすめできません。

ドーベルマンやグレイハウンド、ボルゾイのように、頭が小さく首が細い犬種では首輪が抜けて外れやすい点に注意しましょう。

ハーネスのメリット・デメリット

ハーネスは、ソリを引く犬の体への負担をできるだけ小さくすることを目的に作られた道具です。このため胴に回したハーネス全体に引っぱる力が分散される作りで、首への負担が小さい点がメリットです。気管支や椎間板にトラブルが起きやすい子や、高齢犬にはハーネスが向いています。

ほかの犬にほえられる、または車や自転車が近づいてくるといった、とっさの場面で愛犬の体全体を抑えやすいのもハーネスのメリットです。

ハーネスのデメリットは愛犬の引っぱる力がそのまま飼い主さんに伝わってしまうことです。特に大型犬ともなると、全力で引っぱられたら飼い主さんが手を痛めることにもなりかねません。

ハーネスはダックス系やコーギーなどの足が短い犬種では外れやすく、この点もハーネスのデメリットと言えるでしょう。

首輪の選び方・注意点

日常的に使う首輪は、人間が使うベルトと同じ作りになっていて、耐久性のある革製のものが一般的です。サイズ調整は、ベルト部分に空いた穴で行います。

首輪のサイズは、愛犬の首に付けたときに飼い主さんの指が1〜2本入るくらいが適切です。小さすぎると苦しいですが、大きすぎると外れて事故につながる可能性があります。

首輪には鑑札や迷子札がつけられるほか、愛犬の毛の色やリードと色を合わせたり、名入れをしたりといった楽しみ方も考えられます。

すぐにサイズアウトして買い換えが必要になる子犬の間は、バックルタイプの首輪のほか、布やリボンで手作りするのもいいですね。市販されているバックルタイプの首輪は布かプラスチック製で軽く、装着も簡単です。一方で耐久性は低く、留め具がゆるんだり壊れたりしやすい点に注意が必要です。

ハーネスの選び方・注意点

ハーネスを選ぶときには、大きく次の3つのタイプがあります。どれを選ぶとしても、付けたときに飼い主さんの指が1本入るくらいのぴったりサイズであることが大切なのを覚えておいてください。

・足を通して付けるハーネス

左右それぞれの足に輪を通して背中で留めるタイプです。足を通すので外れづらい点がメリットです。ただ足を触れられるのが苦手な子であれば、毎回の付け外しに慣れるまで時間がかかるかもしれません。

・首を通して付けるハーネス

H型と呼ばれるタイプや8の字型と呼ばれるタイプがあります。このタイプは先に首に輪を通して、背中からおなかまでをバックルのついたパーツで留める仕様になっています。足を持ち上げずに付けられるのが特長です。

・ベスト型のハーネス

洋服のような布製のため、愛犬の体への負担が少ないのが特徴です。夏には通気性の良い布でできたタイプ、冬には暖かい素材を選ぶなど、洋服の機能を兼ねることもできます。

終わりに…

首輪とハーネス、どちらが良いのか問題について解説しました。首輪とハーネスはそれぞれの特徴があって、目的や状況に応じて選ぶものであることを理解していただけたのではないでしょうか。

飼い主さんによっては首輪とハーネスのどちらかを選ぶのではなく、鑑札や迷子札を付けた首輪とハーネスのダブル使いをされる方や、普段はハーネス派であっても、場面によって使い分ける方もいらっしゃるようです。愛犬と飼い主さんにとってのベストを見つけて安全で快適なお散歩を楽しんでくださいね。

文/森野みどり

参考:

【首輪とハーネスどっちがイイ?】犬種や性格によって使い分けるのが正解!|Petowa

首輪とハーネスどっちがいいの?|犬首輪とリードの通販専門店 犬の首輪屋てるべる

【ドックトレーナー監修】ハーネスのメリット・デメリットは?どんな犬に向いている?正しい付け方もご紹介|ANA

犬用ハーネスと首輪はどっちがおすすめ?抜けにくいハーネスの選び方|ALPHAICON

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る