TOP>ニュース > 愛犬の老化を予防するには?運動とストレッチ・マッサージ、食事を工夫しよう!

  • ニュース

愛犬の老化を予防するには?運動とストレッチ・マッサージ、食事を工夫しよう!

愛犬の老化予防のためにできること

 

犬は1年で4〜7歳、年を取ります。そのため一般的に7、8年目を迎えた犬は、シニア犬と呼ばれるようになります。ただ人間の例でも年を取っても元気で活発に活動される方がいるように、愛犬も老化予防をすれば、自分の足で歩いたり遊んだりできる期間を長くすることは可能です。

この記事では飼い主さんが取り入れられる、愛犬の老化予防のための運動とストレッチやマッサージ、食事についてご紹介します。健康的な生活習慣とちょっとした工夫で、少しでも長く充実した時間を過ごしたいですね。

運動

愛犬の老化予防のためにはまず、後ろ足を鍛えることに取り組みましょう。犬の場合、年を取ると最初に弱くなってくるのが後ろ足だからです。犬は体重の7割を前足で支えています。このため、前足に比べて使うことの少ない後ろ足の筋肉が落ちやすいのです。

お散歩に行きたがらなくなったり、歩くスピードが落ちたりしたら、筋力が落ちたサインかもしれません。無理のないペースで、お散歩コースに坂のある道を取り入れてみましょう。平らな道を歩くよりも筋肉に負荷がかかり、筋力アップが図れます。

芝生や土、砂利、可能であれば砂の上を歩くのもおすすめです。アスファルトやコンクリートなどの人工的でない地面を歩くとバランス感覚が育くまれ、筋肉を鍛える効果もあります。

4本の脚を別々に動かす階段の上り下りもおすすめです。階段の上りでは後ろ足、下りでは前足を使うので、階段があれば積極的に上ってみましょう。

毎日のお散歩コースはいつも同じになりがちかもしれません。けれど時にはいつもと違うコースを歩いてみるのも良い刺激になります。余裕がないときには、いつものコースを逆から回ってみてください。いつもの下り坂が上りに、下りの階段が上りに変わります。

ストレッチ・マッサージ

ストレッチには、筋肉や関節を柔らかくする効果があります。外でストレッチをするなら、安全な公園や道などで、三角コーンのようなものを使ってみてはいかがでしょうか。自動車の免許を取るときに練習するS字カーブをまねしてのジグザグ歩きがおすすめです。

おやつで気を引いて首を上下左右に動かすストレッチは、ご自宅で愛犬と遊びながら楽しめます。

屋外と室内の両方でできるストレッチとしては、速歩きで小さなサークルを描きながら時計回り、反時計回りをする動きのほか、その場でくるくる回りながら歩くトロット・サークル、横向きに寝かせた愛犬の足首を持って1本ずつゆっくり回すといった方法もあります。

マッサージでは、愛犬の毛並みに沿って体をなでてあげましょう。愛犬自身では届かない部分に優しく触れるのもいいですね。具体的には足の付け根や口の周りといったパーツ、なでたときに愛犬が喜ぶところを中心に、リンパの流れを助けるような意識で顔を含む体全体の皮膚に触れてあげるといいでしょう。

このとき、痛みや出血、熱、炎症がある部分は避けてください。愛犬が持病をもっているときには、マッサージやストレッチをしてもいいかどうか、獣医師に確認してからがいいですね。

つま先や関節、筋肉が縮こまって固まっていたり、寒い季節に冷えているようなときには、蒸しタオルを当てたり、柔らかい湯たんぽを使ったり、お湯を入れた氷のうで温めてあげると血行が良くなって筋肉や間接がゆるみ、柔らかさを取り戻せます。

食事

シニア期に入ったら、シニア犬用の低脂肪で低カロリーのフードに切り替えましょう。年を取ると基礎代謝が落ちるため、成犬と同じ食事内容を続けるとカロリーオーバーになってしまうからです。

体重が増えて肥満になると心臓や関節に負担をかけるだけでなく、循環器、呼吸器の病気や免疫力の低下のほか糖尿病といった命に関わる可能性のある病気のリスクが高まるのだとか。

年を取ると愛犬の体内の活性酸素が増えることで、老化が進むと考えられています。しかし活性酸素に対抗する抗酸化酵素を摂れば、老化のスピードを遅らせることができます。

代表的な抗酸化酵素はビタミンAやビタミンC、ビタミンE、ミネラル、ポリフェノールなど。具体的には肉や魚、野菜、ナッツなどをバランス良く取るほか、サプリメントで補うこともできます。

ただしナッツ類は犬にとって消化しづらく、アレルギーの可能性があったり、サイズによっては腸に詰まる恐れがあるため、注意が必要です。

このほか、年を取ると食事のために頭を下げる動作が負担になってくることから、フードを入れる器を適切な高さの台にのせてあげるのも良いでしょう。

終わりに…

愛犬には年を取っても元気でいて欲しいものですね。今回ご紹介したように、運動やストレッチ・マッサージ、食事に気を使うことで、愛犬が元気に活動できる期間を長くすることは可能です。

お散歩にちょっとした変化を取り入れたり、愛犬と触れ合う時間を増やしたり、食事に配慮するといった少しの努力が数年後には大きな違いにつながることもあります。愛犬と飼い主さんの両方が、楽しみながら長く続けられる方法を探してみてください。

文/森野みどり

参考:

老化の予防(アンチエイジング)|老犬ケア

寝たきり予防!高齢犬との遊び方やマッサージ|ユニ・チャームペット

犬の健康寿命を延ばすために!散歩前後のストレッチで筋肉を整えよう|いぬのきもち

犬が肥満になると発症が高まる病気とは|ROYAL CANIN

犬の老化と活性酸素・抗酸化作用|CUTIA

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る