TOP>ニュース > 飼い犬同士が不仲過ぎて、それぞれに部屋を割り当てるために引っ越しをした男性の話

  • ニュース

飼い犬同士が不仲過ぎて、それぞれに部屋を割り当てるために引っ越しをした男性の話

ペットと暮らす日々、ふと引っ越しが頭をよぎることってない?

いきなり個人的な話をしたい。現在僕は2階建ての古い一軒家に住んでいる。借家なんだけど、もうだいぶ古い建物なので動物と暮らしてもOKだし、好きにリノベしてもいいと言われている。

住むにはあまり広くない家だが、飼い猫3頭と暮らす分にはそこまで不自由はない。窓ガラスも玄関も最初から二重だったのも良かった。脱走防止の設備投資もいらなくて済んだ。

ただ、たまに「もうちょっと部屋数のある家にも住みたい」と思うこともある。理由は猫同士のケンカに巻き込まれて、就寝中に猫の下敷きにされるというものだ。

猫のケンカがそのままぶつかってくる、という感じで突然暴風域に巻き込まれるような衝撃がみぞおちに走ることもあるし、顔を踏まれることも。せめて寝室として、猫の出入りできない部屋がもう1つ欲しいと思っている今日この頃。

今日はペットと暮らす人の引っ越し事情についての話をしたい。

飼い犬同士が不仲過ぎて、それぞれに部屋を割り当てるために引っ越しをした男性

まだ最初の新型コロナウィルス感染症にかかる緊急事態宣言が出る前のこと。千葉県内の居酒屋で知らないおじさんとカウンター席が隣同士になり、ペット談義に花を咲かせたことがあった。このとき、おじさんがつい最近引っ越ししたという話を聞かされた。その理由というのが、飼い犬。

なんでも、おじさんは長らくワンルームで犬2頭と暮らしていたのだという。ところが、この犬同士があまり仲良しではなく、不在中に結構ひどいケンカをしてしまうこともあったのだそうだ。日々心配で、ペットカメラを設置して出先から観察しても、取っ組み合いの真っ最中ということも多く、いたたまれない思いをすることも多かったおじさん。

そこで「あ、いっそもうちょっと広い部屋に引っ越そう」と思い立ったわけである。そこで2DKでペット可な物件に入居し、不在中は2頭の愛犬に、それぞれ別の部屋で過ごしてもらうようにした。

「別々にしたまま不在中に待機してもらえば物理的にケンカも怪我もないので、それ以降はヒヤヒヤしながらペットカメラを見ることもなくなって、こうやって一杯ひっかけることもできるようになった」というような話をしていたわけである。

ペット同士が険悪な場合、部屋は広ければ広いほど問題が遠のく!

現在、僕の知り合いにワンルームで猫を数頭飼っている人がいる。この家の猫も関係性が険悪で、知り合いもだいぶ苦労しているようだ。

こういうのはやっぱり、部屋の狭さから来る険悪な者同士の接触頻度の高さからトラブルが起きやすくなる。そのため接触頻度を少しでも低くするという意味でも、家を広くする。広い部屋に引っ越すというのは有効。

犬も猫も避妊・去勢さえしていればなわばり意識もさほど高くはならないが、それでも性格が合わない個体同士だと結構激しいケンカはやってしまいがち。前述の対処のように部屋を分けておけるほどの家に引っ越すというのも、いい対処になるはず。

それに、家が広くなって棲み分けができれば、狭い家に押し込められていた頃に比べるとストレスも減るため、ケンカそのものが起きなくなることも。

ただし、逆に引っ越しを境にこれまで仲良しだった個体同士が関係性を変化させ、たびたび争うようになることも。猫の場合は特にそういうことが起きやすく、もともと「家に懐く動物」とされるだけあって、新しい環境に置かれると少なくない影響を受けるようだ。

いい部屋探しは、ペット目線から行うのも大事かも?

1人暮らしで、ペットも1頭という世帯であればワンルームであっても別にそこまで問題はない。工夫次第でストレスのない一生を送ってもらうことも難しくないところ。

しかし、個体数が増えるとどうしても個性がぶつかりあうことも増えるし、2頭のときは仲良しだったのに3頭になったらみんなが好戦的になった、というケースもある。
我が家もそうだ。なので複数頭を飼育するという場合は部屋数も複数あったほうが問題は起こりにくい。

当然家賃も高くなっていくが、そもそもペットを飼育する時点で安くはないお金が掛かるわけなので、必要経費として割り切ることも大切ではないだろうか。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る