TOP>ニュース > 里見八犬伝のモデルとなった超勇猛な犬「盤瓠(ばんこ)」をご存知?

  • ニュース

里見八犬伝のモデルとなった超勇猛な犬「盤瓠(ばんこ)」をご存知?

八房の元ネタ?盤瓠という名の犬

江戸時代後期に誕生した古典長編小説『南総里見八犬伝』。この作品には、八房(やつふさ)という名の勇猛な犬が登場するが、この犬は里見家当主が戯れに「敵将の首をとってくれば、愛娘の伏姫を嫁にくれてやる」との言葉を真に受ける。そうして実際に敵将を討って首を持ち帰ってきてしまい、ついには渋々ではあるものの、伏姫をあたえられることとなった。

そののち、八房は伏姫とともに富山に向かい、犬ながら読経の日々を送るという珍妙な生活を送るものの、里見家当主の差し金で射殺されてしまう。このエピソードは有名であるが、実は八房を語る際にはモデルと思われる別の犬の存在を外すことはできない。

それが盤瓠(ばんこ)だ。

盤瓠、限りなく人間に近い知能を持った美しい毛並みの犬

盤瓠は中国につたわる伝説上の存在で、『後漢書』の中にその名を見ることができる。もともとは宮廷に暮らす老婆の耳の出来物から生まれた虫であったというが、これがどんどん成長していき、最終的にはなぜか5つの毛色をたたえる美しい犬となった、とある。

虫が犬に変身するという出自からして奇妙だが、さらに5色の毛をまとっていたという話も魅力的。もちろんこれは創作の話であるので、実際に盤瓠が存在していたというわけではないが。

盤瓠が『後漢書』に登場するのは中国神話上の皇帝である高辛が敵国の攻撃に晒されていた状況下。高辛は窮地に陥り、町々に敵軍の将、呉を打倒した者には自分の娘と、莫大な賞金をあたえるとお触れを出した。そうすると名乗りを上げる勇猛な者たちの中に、何故かこの盤瓠までもがいた、というのである。

元が虫の割には、かなり勇ましい性格をしていた盤瓠である。

見事に呉将軍を倒し、なんと子供までもうけた盤瓠

戦場に出陣することになった盤瓠は見事に大活躍し、とうとう呉将軍まで倒してしまった。その首を持ち帰って高辛に献上したことによって、困ったのは高辛自身であった。

「いや、お金をあげるのはいいけど、さすがに娘を犬にめとらせるわけには」と狼狽するも、当の娘本人が「帝が約束を破るのはいけない」と説得し盤瓠に嫁いでいる。そして八房の場合と同じく、山の中に入って静かに暮らしていった。人間とのかかわりも以降は薄れたものの、八房のケースと異なり、盤瓠の場合は命を狙われることもなく、のんびり暮らしたそうだ。

さらには帝の娘との間に、12人の子供まで授かっている。高辛はその子どもたちを都に住まわせようとしたが、子どもたちはもともと山育ちだったため馴染むことはなかった、とある。

優れた創作はリスペクトされ、オマージュされる。盤瓠、八房の系譜は今も…

『南総里見八犬伝』著者の曲亭馬琴は『後漢書』を読んで盤瓠のイメージを膨らませ、八房という犬を誕生させた。その上で作劇上もっと起伏を生むためにいくつかの設定を継ぎ足している。

目を引く盤瓠の物語を、さらにブラッシュアップした八房の物語に仕上げたという形だ。

さらに日本ではそれ以降、八房のイメージに強い影響を受けた創作というものがちらほら登場することとなる。高橋留美子の生んだ名作『犬夜叉』も、全体の雰囲気は『南総里見八犬伝』を意識して制作していたというエピソードもあるし、ゲームの『大神』には、八房と伏姫をもっとマイルドに、全年齢対象にしたような設定のキャラクターも登場する。

盤瓠、八房って素材としてかなり魅力的な部分もあるので、きっと今後も折に触れてその要素を流用した派生キャラクターも登場し続けるに違いない。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬はやはり頭がいい…スイス発・平均89単語ほどの言葉を理解したという研究レポート (1.20)

  • ニュース

愛犬のかわいさ倍増?MOFFとミッフィーのコラボウェア販売中! (1.14)

  • ニュース

シニア犬のお散歩、そのメリットは数しれず! (1.14)

  • ニュース

かわいいけどちょっと困る…犬のうれしょんの原因って何? (1.13)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る