TOP>ニュース > 犬が尻尾を振るのは好意的な態度のサイン…とも限らない?

  • ニュース

犬が尻尾を振るのは好意的な態度のサイン…とも限らない?

尻尾ブンブンは好意的な態度のサイン…とも限らない?

子供の頃、同級生の那須くんと下校途中に犬に襲われるということがあった。もう30年ほど前のことだけど、あのときの恐怖は未だに鮮烈に頭脳に焼き付いている。那須くんったら僕より先に逃げ出してしまうもんだから、僕はその犬にタックルされてひっくり返り、そりゃもう絶体絶命の危機に陥ったのだ。

幸いそのピンチはたまたま通りがかった車に乗っていた知らないじいさんばあさんたちによって脱することができたが、今ふりかえるとあの犬、尻尾ブンブン振っていたんだよなあ。多分犬としては遊んでいるだけだったのかもしれない。実際、噛まれはしたが甘噛み程度の怪我で済んだし。

しかし、尻尾を振っているからと言って、犬が常にごきげんってわけではない。そこが恐ろしいところではある。

犬は不機嫌なときにも尻尾を振る

犬が尻尾をブンブン振るときって、大抵嬉しいときや飼い主に甘えているときだったりする。なので尻尾を振っている犬を見ると、ついつい「あ、今は気分がいいのかな」と思いがち。ところがそうとも限らないのだ。

尻尾は振っているけれども、がっつり機嫌を悪くしている犬だっているのである。そう。尻尾を振ってはいるけれども、実は警戒したり、不安を感じているということもあるのだ。

もっと言えば、目の前の事象に対して最大限警戒しているときだって、犬は尻尾を振ることもある。この場合はその表情を見れば一応判別できる場合もある。

歯を食いしばっているとか、唸っているというような場合は、まさに尻尾を振っていても完全に警戒しているサインとなる。

猟犬は狩りの際に尻尾を振る?

ところで僕の父方の家系は、猟犬を保有して鹿狩りをしていた。鹿だけでなく、猪なども狩ることがあったが、しばしば獲物を持ち帰ってきたばかりの父方の祖父に駆け寄ると、かなり興奮して顔立ちが怖くなった犬たちが、尻尾をブンブン振っていたことを思い出せる。警戒心は家に戻ってもまた絶えず、軽トラの荷台に乗せられた獲物の獣臭に最大限警戒していた様子ではあったが、それでも尻尾は振っていたのだ。

それを知っているものだから、僕は那須くんに出し抜かれて、尻尾を振りまくってこちらに突進する犬が怖くて怖くて仕方がなかった!まるで自分が狩りの獲物のように思えたからである。

まあ、実際はあのときの犬にしたら、僕に遊んでほしいだけだったのかもしれないけど。それでも軽く蹂躙されて出血もしていたので、こっちからしたら冗談ではない出来事だったが。

犬の尻尾は口ほどに物を言う?

犬の感情については、尻尾さえ見ていればある程度把握できるもの。嬉しければブンブン振るし、怖い思いをしたら下がってしまう。しかし、重要なのは犬には表情があるという点。

いくら尻尾が振れていても、顔が不機嫌そうだったり、眉間にシワが寄っていたり、牙をむき出しているようでは、それは怒っている可能性が高い。なので単純に尻尾がブンブン揺れているからと言って安直に触ろうとすると、ガブリ! ということにもなりかねない。

犬だって色んなことを考えるし、感じているわけなので、尻尾だけを見て感情を判断しないほうがいいかもしれない。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の爪切りってしたほうがいい?『必要ない』というケースも結構ある件 (1.24)

  • ニュース

冬のペットの防寒対策、留守中の安心こたつ活用術 (1.24)

  • ニュース

愛犬が抱っこを嫌がる…抱っこNGの理由とは? (1.23)

  • ニュース

愛犬の寒さ対策を万全に。冬を快適に過ごす3つのアイデア (1.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る