TOP>ニュース > 犬猫の冬毛の魅力をシンプルに堪能しよう!夏も可愛いが冬も最高モッフモフ

  • ニュース

犬猫の冬毛の魅力をシンプルに堪能しよう!夏も可愛いが冬も最高モッフモフ

冬毛のペットのモッフリ具合って、いいよね…

完全に冬である。寒い季節が本番を迎え、毎日暖房器具のお世話になりっぱなしという方も増えてきたはず。

我が家では猫の他にもいくつか生き物を飼っているので、なるべく通年で室温に大きな変化が出ないようにしている。そのため、3頭いる猫たちのいずれも、目に見えたモフモフ冬毛になっているということはない。やっぱり完全室内飼育だと冬毛も夏毛も、そう極端に変化はしないということだろう。

また、座敷犬の中にはあまり寒暖差にさらされない生活をしているためか、犬種にもよるがほとんど冬毛らしい冬毛にならないワンちゃんもいるなんて話も、聞いたことがある。あとプードルなどは毛質が特殊なので、夏も冬もあまり見た目に変化は見られない。

しかし、やっぱり大半の犬猫は、冬になるとモッフモフな冬毛をたたえる個体が多い。今回は、その素晴らしい冬毛の魅力について語っていきたい。

夏毛の凛々しさもいいが、冬毛のモッフリも最高だ!

夏、犬猫は気温と湿度の上昇に対応するため、夏毛を生やしてこれをやり過ごす。見た目にも毛足は短くなり、そのために体の輪郭もより正確なシルエットを確認しやすくなる。人間で言う薄着に相当するような姿になって、顔立ちもシャープで、それはそれは凛々しく見えるものだ。

犬種によっては、夏毛のほうがかっこよく見える場合もある。

一方で冬毛に生え変わると、凛々しさはなりを潜め、可愛らしさ、愛くるしさが全面に押し出されるようになる。たとえばこちらの猫、リルちゃん。夏場はすっきりフェイスだけども、冬はこのように、顔周りが特にモッフモフに進化している。

まるで別猫。どちらもキュートだが、まるで同じ猫の顔には思えないほどのギャップがある。こういう変化を季節ごとに楽しめるのも、被毛が生え変わる犬や猫を飼う上でのしあわせポイントの一つと言えるのかもしれない。

ワンちゃんの冬毛っていいよね!

この季節、外を歩いていると、寒さに負けず元気にお散歩をしているワンちゃんとすれ違うことも多い。見ればどのワンちゃんも自慢の冬毛をたたえて元気いっぱいに闊歩していて、それらを見ているだけで何とも心が暖かくなる。

夏毛に比べると量も多く、太さも十分。生え揃うだけで夏毛以上の保温効果も兼ね備えるため、まさに冬をたくましく過ごすためには欠かせない防寒具なのである。しかも見た目もやはりモッフモフで、手触りだって夏毛よりふわふわ。この季節のワンちゃんたちは、ぬくもりと愛らしいルックス、どちらもをゲットしたよくばりキュートな動物と言えるだろう。

その分、日々のブラッシングも夏場以上にこまめにやってあげる必要がある。特にロングコートの犬種になると、放置するとすぐダマになって引っかかるようになってしまう。

春は待ち遠しいけど、冬毛を堪能できる今の時期も捨てがたい!

僕は動物の冬毛が大好きで、ついついモッフモフの冬毛を生やした犬や猫を見ていると嬉しくなる。触れてみるとやっぱり暖かいし、いつまでもなでていたくなる。

同じ思いの飼い主さんは多いはず。冬は寒くて辛い季節だけど、可愛い犬猫の冬毛姿を見ることができる、貴重な季節でもある。その素晴らしいルックスを後で見返して満足するためにも、今のうちに愛犬、愛猫のモフモフ姿をできるだけ撮影しておこう!

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の爪切りってしたほうがいい?『必要ない』というケースも結構ある件 (1.24)

  • ニュース

冬のペットの防寒対策、留守中の安心こたつ活用術 (1.24)

  • ニュース

愛犬が抱っこを嫌がる…抱っこNGの理由とは? (1.23)

  • ニュース

愛犬の寒さ対策を万全に。冬を快適に過ごす3つのアイデア (1.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る