TOP>ニュース > イエローリボンの意味やイエローリボン犬、知らない犬への適切な接し方を紹介

  • ニュース

イエローリボンの意味やイエローリボン犬、知らない犬への適切な接し方を紹介

イエロードッグプロジェクトとは。犬にもそれぞれの性質が!

2012年に始まった世界的な取り組み「イエロードッグプロジェクト」についてお聞きになったことがあるでしょうか。イエロードッグプロジェクトは、ほかの犬や知らない人が苦手な犬、トレーニング中の犬、事情を抱えた犬に配慮しようという啓蒙活動とともに、配慮が必要な犬に黄色いリボンや小物を身につけてアピールする活動を行っています。

一般的に犬はフレンドリーで人好きなイメージがあるのではないでしょうか。けれど、どんな犬も同じような性質を持っているとは限りません。人と同じように体や心に、傷や不調を抱えている子たちもたくさんいるものです。この記事では、日本ではまだあまり知られていない、イエロードッグプロジェクトについてご紹介します。

イエロードッグプロジェクト、イエローリボン、イエローリボン犬

日本では「イエローリボン」「イエローリボン犬」として少しずつ広がりを見せているイエロードッグプロジェクト。

具体的な活動としてはリードに黄色いリボンをつける、首に黄色いバンダナを巻く、黄色いリードやハーネスをつけるといった方法があります。そのほか日本でイエロードッグプロジェクトを広めているイエローリボンのNPO法人では、イエロードッグの缶バッジを販売しているほか、印刷してポスターやポップ、カードが作れるPDFを配布しています。

リボンをはじめ、黄色いものを身につけている理由は、何らかの理由により人にも犬にも近づいて欲しくない、放っておいて欲しいという意思表示です。

犬好きであれば、お散歩や外出先で犬を見かけたら近づいて声をかけたり、なでたり遊んだりといった触れ合いをしたいと思うかもしれません。犬連れで歩いている方は、愛犬にあいさつをさせたり一緒に遊んだりといった社会的な交流を求めたり、飼い主さん同士で話がしたいと思われることもあるでしょう。

けれどイエローリボンをつけて意思表示をしている場合には、これらの行動がその子を怯えさせたり、吠えたり攻撃的にになってしまうといった状況につながる可能性があるため、近づかないでほしいのです。

人と同じように、犬も外から見ただけではわかりづらい困難を抱えていることもあり、それを伝える手段の1つがイエローリボンです。黄色いリボンやリードなどを見かけたら、静かにそっと距離を取って、落ち着いて歩けるように見守ってください。

黄色を身につけている子の4つの背景

犬が黄色いリボンやバンダナ、リードなどをつけている理由としては、主に4つの背景が考えられます。

1.健康上の理由

体が不自由である、手術を受けたあとでまだ全快していないなど健康上の理由で、静かに過ごす必要がある場合です。ほかの犬と遊んだりじゃれ合ったりしてケガをするのを防いだり、体調の回復を助ける目的があります。

2.トレーニング中

盲導犬や聴導犬、警察犬といった、人のために働く使役犬を見かけることはありませんか。使役犬は与えられた役割を果たすために、さまざまなトレーニングを受けて育ちます。このトレーニング中に人やほかの犬が近づくと、気が散って集中できないことがあります。トレーニング中の使役犬の集中力を妨げないために、黄色い小物を身につけていることがあるのです。

3.訓練中

成犬になるまでの間に、ほかの犬や人とじゅうぶんに接する機会がないまま育ってしまうと、犬や人との交流の方法がわからずに適切な反応ができないことがあります。また虐待を受けた経験のある子は、人を極度に怖がることも。

当事者の犬のためにも、まわりの犬や人のためにも、訓練中は離れた場所から温かく見守ってあげたいですね。

4.人や犬が怖い

過去にトラウマがあったり、臆病な性格であったりすると、知らない人や犬が怖くてパニックを起こしてしまうことがあります。怖いと感じると、近づいてきた人や犬に飛びつく、興奮して吠える、噛むといった行動につながることもあり、思わぬトラブルにつながりかねません。

怖がりやすい性格や臆病な子かどうかは、外からの見た目ではわかりづらいものです。黄色い小物が目に入ったら、そっと離れてあげるとお互い安心して過ごせるでしょう。

知らない犬への3つの適切な接し方

なにげない人間の行動が、犬にとっては恐怖や攻撃に感じられることがあります。恐怖や不安を感じると、犬によっては攻撃的な反応が出てしまうかもしれません。見知らぬ犬と接するときには次の3つの点に気をつけましょう。

・視線

人同士のコミュニケーションでは、アイコンタクトが良い信頼関係を育てます。一方、犬は目を見つめられることを攻撃ととらえる可能性があります。犬と接するときには少しうつむくようにして、顔同士が対立するような姿勢を避けるようにしてみてください。フレンドリーな犬に対しても、長い間、じっとそらさずに目を見つめることは避けた方がいいでしょう。

・声

犬の聴覚は人間のものよりも優れています。犬に呼びかけるときは少しくらい離れた場所にいても、大声を出す必要はありません。近くにいるときには、落ち着いた声でゆっくり話しかけてあげるといいでしょう。大声や大きな口笛は、慣れていない犬を驚かせてしまう可能性があることを気にとめておいてください。

・体の位置

人間の体はほとんどの場合、犬よりも大きいものです。犬と向かい合うときには、ひざを折って、視線の高さを近づけると犬が感じる恐怖は小さくなります。犬を怖がらせないように、ゆっくりとした動作を取るのも大切です。

終わりに…

「イエローリボン」、「イエローリボン犬」として知られる「イエロードッグプロジェクト」についてご紹介しました。日本でイエロードッグプロジェクトの活動をされているNPO法人イエローリボンドッグでは、マタニティマークやヘルプマークと同じようにイエロードッグプロジェクトが一般に認知されるのを目標にしているそうです。

さまざまな事情を抱えている子も社交的でない性格の子も、安心してお散歩や外出が楽しめる社会になりますように。

文/森野みどり

参考:

イエロードッグプロジェクトについて|博多犬猫医療センター

YELLOW RIBBON DOG

How Yellow Dog Project Lowers Anxiety After Steroids Use in Dogs|JBH News

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬はやはり頭がいい…スイス発・平均89単語ほどの言葉を理解したという研究レポート (1.20)

  • ニュース

愛犬のかわいさ倍増?MOFFとミッフィーのコラボウェア販売中! (1.14)

  • ニュース

シニア犬のお散歩、そのメリットは数しれず! (1.14)

  • ニュース

かわいいけどちょっと困る…犬のうれしょんの原因って何? (1.13)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る