TOP>ニュース > ペットのマイクロチップ義務化、具体的に飼い主さんは何をすればいい?

  • ニュース

ペットのマイクロチップ義務化、具体的に飼い主さんは何をすればいい?

改正動物愛護管理法により、来年6月から販売業者の犬猫のマイクロチップ装着義務化

ペットの扱いに関する法律は、数年おきにアップデートされてきた。昨今は動物の遺棄、虐待に対する罰則が大幅に強化されたばかりであるが、日本の法律は徐々にではあるけれど「これはもっとこうしたほうがいいよね」と思える法解釈が割と改善方向に向かっていくという良い特徴がある。

その改善される方向性の一つに、来年、2022年の6月に施行されることとなった、販売業者側の犬や猫のマイクロチップ装着義務化がある。これにより、ペットショップやブリーダーは生体の取得から30日以内に、マイクロチップを装着させることが必須となった。

あわせてこうした業者から犬や猫を買い受けた一般の飼い主さんたちは、購入から30日以内にマイクロチップに所有者情報の登録をすることが必要となる。この所有者の登録もまた、義務化されることとなるのが来年6月からの法改正の特徴だ。

既に自宅で犬や猫を飼育しているという場合に関してのマイクロチップの導入に関しては、従来通り努力義務となる。また、保護団体などが要する生体についても同様である。

マイクロチップは、もしもの際に飼い主と再会するためにも大切

「NHK NEWSWEB」が12月4日に配信した記事「ペットの犬や猫にマイクロチップ装着義務化へ 概要が明らかに」にも、この点に関する詳報が記載されている。マイクロチップの基準を定めているのは、国内では環境省だが、その環境省によると、令和元年度には迷子・飼育放棄などによって自治体に引き取られたペットは85,000頭にも上るという。特に迷子のペットの場合、マイクロチップが装着されているかどうかが、飼い主と再会するためにはかなり重要なポイントとなる。

ご存じのように、日本は地震災害も多く、震災のたびにパニックになったペットが脱走するという事態も頻繁に起きている。この記事にも、その点についての指摘とマイクロチップの有用性についての一文があるため、引用させていただきたい。

「日本では平成7年の阪神・淡路大震災のあと、多くの犬や猫が迷子になったことをきっかけに導入をめぐる議論が始まり、おととし、動物愛護管理法の一部を改正する法律が成立しました。国は、マイクロチップを取り付けることで、迷子になった際や災害で離れてしまった際に飼い主を見つけやすいことや、安易な遺棄の防止が期待できるとしています」

災害の度に飼い主と離れ離れになってしまうペット。そのペットが保護されたのち、自治体から速やかに返還されるためにも、マイクロチップは大切な要素であることが理解できる。

ペットのマイクロチップには、どういう情報が記録されるのか?

では、そもそもマイクロチップにはどういった情報が記録されているのか。これについては、15桁の識別番号がチップ毎に割り振られている。これを読み取ることで個々の番号が表示される仕組みとなっている。

販売業者が装着させるチップには犬猫の品種、性別や業者名が記載されており、番号に記載された情報はデータベースを介して確認することが可能。一般の飼い主さんがペットのマイクロチップに登録する情報は、飼い主の氏名・住所・連絡先である。迷子の動物を自治体が保護した際には、読み取り機でマイクロチップの有無を確認。チップがある場合はデータから飼い主を検出し、連絡を取ることが可能となる。

昔から、首輪に連絡先を書いているという飼い主さんは多いが、いかんせん首輪は脱走中に外れる場合もある。マイクロチップなら体に埋め込む形となるため、そういった心配もする必要がない。もちろん、首輪に連絡先を記載しておくことも二重の安心感には繋がるので、従来通りこれを変える必要もないが。

マイクロチップの登録で、ペットの万が一の事態に備えよう!

前述の記事によると、日本中医師会のマイクロチップのデータベースには、既に273万頭もの犬猫の情報が登録されているという。それだけ多くの飼い主さんが、万が一の事態に備えてマイクロチップに自分の情報を登録して備えているということになる。

チップを体に埋め込むことに関して「悪影響はないのか?」と不安になる飼い主さんも多いだろうが、ほとんどの場合は無害で何の影響も及ぼさない。登録に掛かる費用自体も、その後もしもの場合に際しての保険と考えれば微々たるもの。

もしもあなたが、今後ペットショップで犬猫を引き受けたという場合には、購入から30日以内に迅速に登録情報を提供しておこう。

文/松本ミゾレ

【参考】
NHK NEWSWEB「ペットの犬や猫にマイクロチップ装着義務化へ 概要が明らかに」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211204/k10013374441000.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の爪切りってしたほうがいい?『必要ない』というケースも結構ある件 (1.24)

  • ニュース

冬のペットの防寒対策、留守中の安心こたつ活用術 (1.24)

  • ニュース

愛犬が抱っこを嫌がる…抱っこNGの理由とは? (1.23)

  • ニュース

愛犬の寒さ対策を万全に。冬を快適に過ごす3つのアイデア (1.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る