TOP>ニュース > 【体験談】マンチカンの愛猫が脱臼!治療法や退院後に役立ったグッズとは?

  • ニュース

【体験談】マンチカンの愛猫が脱臼!治療法や退院後に役立ったグッズとは?

愛猫ジジの脱臼治療後、役立ったグッズを紹介

猫はジャンプ力がある動物であるため、高所から落下し、骨折や脱臼をすることは少ないもの。しかし、猫種によっては注意が必要な場合もあります。

今回は、我が家の愛猫ジジが脱臼した時の体験談を公開。動物病院でした治療や自宅で気をつけたこと、役立ったものを紹介します。

まさか骨折…?愛猫の後ろ足がつかないことに気づいて

その日、ジジは珍しくフローリングの上でゴロン。


愛猫のジジ

普段はソファーかキャットウォークの上にいることが多いので、不思議に思い、「どうしたの?」と声をかけ、肉球を観察しました。

その理由は、我が家では前に同居猫レオンが肉球が腫れて出血してしまう病気にかかったことがあったから。そこで同じ病気を疑いましたが、肉球に異常は見られず、安堵。猫がいる部屋は日当たりが良いので、フローリングが心地よいのかもしれないと思い、買い出しへ出かけました。

その後、帰宅し、夜ご飯をあげることに。食いしん坊のジジはいつもなら真っ先に走ってくるはずなのに、一向にこちらへ来てくれず…。何かおかしいと感じ、ジジを見ると、立ち上がり、歩こうとするものの、左の後ろ足が地面につけず、歩行が困難な状態でした。

その姿を見て、これは骨折かもしれないと思い、すぐに動物病院へ。病院でレントゲンをしてもらった結果、左の股関節が脱臼していたことが判明しました。

猫の脱臼は元の位置に骨を戻す「整復」という方法か手術の治療となりますが、我が家の場合は整復で戻りそうとのことだったので、すぐに麻酔をし、治療してもらうことに。入院となり、翌々日に迎えに行くこととなりました。

マンチカンは脱臼する子が時々いる

お迎え当日、病院で獣医師から「ミックスの場合、脱臼は滅多にないけれど、マンチカンは足が短いから着地に失敗し、脱臼する子がしばしばいる」との説明を受けました。

ジジは2週間ほど安静にし、通院をしながら経過観察をすることに。様子見をしている中で症状が悪化して動けなかったり、食欲がなくなったりするようならばすぐに来院し、手術を検討したほうが良いとも言われました。

帰宅後、家の中で少し歩いてもらうと、後ろ足を少し引きずりながらも歩行できるようになっており、感動。しかし、部屋の中をぐるぐると歩き回り、走ろうともしていたので、災害用サークルを使用して安静に過ごしてもらうことにしました。

災害用サークルは病気の治療中にも役立つ

猫用のケージはどうしても上下運動ができるようにされており、横の広さが狭いためトイレの置き場所に悩み、少し物足りなさを感じてしまうことがあります。

今回はジャンプをせず、できる限り伸び伸びと過ごしてほしかったので、アイリスオーヤマから発売されている災害用サークルで闘病生活を送ってもらうことにしました。

こちらはS,M,Lの3サイズ展開。筆者はMサイズを購入しましたが、実物を見て予想以上の使いやすさに感動しました。

本品は折りたたんで収納でき、下部と上部がファスナーで取り外せる仕組み。猫飼いとしては、上部が開いているサークルだと「ジャンプして飛び出てしまうのでは…」と不安になることがあるので、完全に締めきれる点をありがたく思いました。

側面には別売りの給水ボトルを付けられるようになっているので、水分補給もばっちりです。

なお、筆者は149cmなのですがサークルの中にすっぽりと入れ、療養中の愛猫と近くでスキンシップを取れたことも、嬉しかったです。

災害用サークルは様々な使い方ができ、猫のQOLをあげられる商品。療養中はもちろん、シニア期のゆったり空間やちょっとした猫用テントとして…など、愛猫や自分たちの暮らしに合った使い方を見つけてみるのもよさそうです。

商品概要はこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/B01MXF06L6/ref=cm_sw_r_tw_dp_dl_155PXANG9V690CD00H6Z

愛猫の異変に気付いた時はネットの情報を参考に自己判断で対処しようとせず、すぐに病院へ連れて行くことが大切。健康なうちから、夜間診療OKな動物病院もチェックしつつ、どの時間帯でも愛猫に適切な治療を受けさせてあげられるよう、配慮していきましょう。

文=古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬はやはり頭がいい…スイス発・平均89単語ほどの言葉を理解したという研究レポート (1.20)

  • ニュース

愛犬のかわいさ倍増?MOFFとミッフィーのコラボウェア販売中! (1.14)

  • ニュース

シニア犬のお散歩、そのメリットは数しれず! (1.14)

  • ニュース

かわいいけどちょっと困る…犬のうれしょんの原因って何? (1.13)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る