TOP>ニュース > 死んでしまったペットはどこに行く?「虹の橋」って具体的に何なのか

  • ニュース

死んでしまったペットはどこに行く?「虹の橋」って具体的に何なのか

ペットは亡くなると虹の橋を渡る…虹の橋って何だ!?

子供の頃飼っていた、ミニウサギの次郎が死んでしまったときのこと。最期に身体をブラッシングしてあげて、どう葬ろうか考えていたら、祖母が「庭の桃の木の下に埋めよう」と言ってきた。さらに祖母は「あそこに埋めておけば、栄養になっていい桃になる」とも。

昔の人ってこういうとき強いなぁと思ったものだ。でも実際その通りに埋葬してみると、翌年の桃はいつもより大きく、甘みもあって美味しかった。

ところで、近年ではペットが亡くなると虹の橋を渡って天国に行くとか、ペットは虹の橋のたもとで飼い主を待つのだという俗説を耳にする機会が増えてきた。これはペットを飼っている人とそれだけ僕が接点を増やしたから、しばしば聞くようになっただけの話なんだろう。

しかし、それにしても虹の橋って表現は美しい。だから僕は、死んだペットが虹の橋を渡るというおとぎ話が好きで好きで仕方がない。

虹の橋、発端はフォークロア

そもそもペットが死後渡ることになる虹の橋というのは、1980年頃からアメリカで流布したフォークロアの一つらしい。作者は不明の散文詩がその興りのようだが、これが各国で翻訳されて、日本でも知られるようになった。

虹の橋のたもとに広がる美しい楽園で、飼い主がいつか亡くなって魂だけの存在になったときに備えてずっとペットは待っている。というのがこのフォークロアの大まかな主張。つまり、ペットは飼い主が死ぬまで天国に行くのを待ってくれているということになる。そして飼い主が死んだら、一緒に虹の橋を渡っていくわけだ。

ペットを飼っていると、いずれはお別れをしなければならないし、大抵の場合飼い主がペットを見送る形になる。そうなるとやっぱりペットロスで心身ともに絶大なダメージを受けてしまう人も出る。こういう人をある意味で救済するのがこの話。

「死んでもまた会えるからね」という救いのある話だからこそ、日本にも伝わってそれなりに浸透してきたのだろう。

虹の橋って具体的にどういうもの?

それにしても、虹の橋って、どういったものなのか。先日電車で移動中に虹を見かけたのでじっくり観察したが、当たり前だけど手すりみたいなものはなかった。

しかし虹の橋というものは神話やら創作の世界やらでは、かなりメジャーな建造物ではある。たとえば北欧神話には、ビフレストと呼ばれる橋が登場するが、これは虹で出来ている。

ビフレストは最終戦争の際に燃え尽きる運命にあるが、いつもはヘイムダルという神が守っているという。ちなみにビフレストとは「ぐらつく橋」という意味があるそうなので、吊り橋みたいな歩き心地なのかもしれない。高所恐怖症の人にはしんどい橋のようだ。

さらに水木しげる氏の傑作漫画『ゲゲゲの鬼太郎』にも虹の橋は登場している。妖怪まくら返しが夢の世界と現実とを行き来する際に利用するのが、夢の橋。まくら返しは自在にこの橋を素足で渡るが、普通の人は渡れない不思議な建造物として描かれていた。

虹を橋に見立てる文化というのは、意外にも珍しくなかったということになる。

実在してるかは誰も分からないけど、在ってほしいな虹の橋…

基本的に、死後の世界は誰も見たことがない。だけどうちの祖母は40代で一度大病をわずらい、心臓が止まってしまったことがあり、このとき看護師のおばさんか誰かが急須のお茶を首に掛けたら冷たさで復活したという話をしていた。嘘臭せぇことこの上ないが、祖母も祖父も、うちの母親も実際にその光景を見ているそうなので、もしかしたら事実かもしれない。

その祖母が意識を失っているときに、ベタだけど花畑を見たそうだ。死後の世界は一面お花畑だとか、三途の川があるとか、そういう話は昔からよくあるが、だとすると虹の橋なんてのも、あの世側が気を利かせて設置してくれたりしてないかなぁ。あるといいな。高いところ苦手だけど、うちのペットたちと一緒なら渡りたいし。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬を乗せている自動車の掃除方法を大紹介 (12.7)

  • ニュース

食いしん坊な愛犬、どうすればダイエットに成功できる? (12.7)

  • ニュース

犬の体重を人間に換算するとどのくらいなの? (12.5)

  • ニュース

冬の散歩は足が冷える!犬のために、専用の靴を履かせるのはあり? (12.4)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る