TOP>ニュース > 「ノーリード」で愛犬を散歩させている飼い主とのトラブル

  • ニュース

「ノーリード」で愛犬を散歩させている飼い主とのトラブル

義父がノーリードで愛犬を散歩させていた話

先日、交通量の多い場所を、ノーリードのまま小型犬を散歩させているおばあちゃんを見かけた。前も見かけた気がするが、なんか他人事なのに「あぶなっかしいな、心配だな」と思ってしまった記憶がある。今回もそうだった。歩道も狭いし自転車がその歩道を通ることもあるし、本当に大丈夫なのかなぁ……。

こういう気持ちになってしまうのは、何も僕だけではない。犬のことを心配する犬好きってのは世の中に大勢いるのだ。

それこそ、日本のように狭い道路事情とはまた無縁の、広大な土地に住む人であっても、やはりノーリードでのお散歩には不安をおぼえる方もいる。

僕の先輩に、結婚後渡米したFさんという女性がいる。彼女は英語もままならないままいわゆる二世帯住宅で暮らすことになったが、とにかく家が広いのであまりストレスはなかったという。ただ、唯一モヤモヤを感じてしまうのが、この家のお義父さんの愛犬とのお散歩だった。

昔からの伝統なのか分からないが、頑なにリードを使わなかったのだ。これがFさんは、嫌で嫌でたまらなかった!

正攻法で口説いてもノーリード。でも危ないよ…

Fさんも日本にいるとき、自宅で犬と暮らしていたという。当然お散歩の際にはリードをつけて安全対策を講じて出かけていた。これは今日の愛犬家にとっては当たり前の姿だろう。

しかし嫁ぎ先では犬の散歩はノーリードでOKという空気が、少なくともその家においてはまかり通っていたのである。そこでFさんはとっさの事故のリスクがあることや、大きな音が出る事態に直面すると犬がパニックになって逃げてしまうことなどを説明した。

しかしお義父さんは笑いながら「そうなったことはないから大丈夫」と譲らない。あんまり波風を立てるのもアレだなぁと感じたFさんではあったが、一方で現地においてもノーリードが招くトラブルというのは皆無ではない。

犬同士が喧嘩をして、一方が死んでしまうということもあったし、危険な野生動物に向かっていって怪我をするという例なんかは数年おきに発生していたそうだ。日本で気をつけるべき危険な動物と言えばマムシやイノシシぐらいだが、外国ではそうも行かない。まして狂犬病清浄国でもないわけだから、Fさんは本当に心配だったのである。

お揃いの柄で義父と愛犬を散歩させる作戦!

お義父さんにやんわり忠告をしても、ノーリードでのお散歩をやめてくれない。この状況を鑑みたFさんは、あるとき一計を案じた。元々裁縫が得意でもあったので、お義父さん用と愛犬用の上着をこしらえたのである。しかも同じ柄同士。反射材も織り込まれているので夜道も安心。いわゆるペアルックというやつだ。

さらにそれだけではない。愛犬用の上着にはハーネスが取り付けられる形になっており、そのハーネスから伸びるリードもまた、同じ柄の布を細かくしたものを丁寧に刺繍したというのである。

これをプレゼントされたお義父さんは、さすがにFさんの執念に根負け。苦笑いをしながら「じゃあ今日からは同じスタイルで散歩するよ、このリードもあったほうが断然かっこいいね」と諦めてくれたのであった。

そして実際、その日からは同じ服装で、同じ柄の布地が縫い込まれたリードを使ってお散歩をしてくれるようになったのだから、努力した甲斐があったというものだろう。

ちなみにこの一件から数年ほどして、お義父さんは他界し、その愛犬も後を追うようにして天国に旅立っている。お揃いの上着はそれぞれの棺の中に収められたという話だ。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

冬の散歩は足が冷える!犬のために、専用の靴を履かせるのはあり? (12.4)

  • ニュース

シンクロ歩きをするハスキーとコーギー (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

  • ニュース

愛犬が病気にならないための正しい抱っこ方法【兵藤哲夫の徒然日記】 (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る