TOP>ニュース > 犬猫の殺処分ゼロを目指す「人と動物の共生大学」設立に向け、ふるさと納税で寄付受付スタート

  • ニュース

犬猫の殺処分ゼロを目指す「人と動物の共生大学」設立に向け、ふるさと納税で寄付受付スタート

「人と動物の共生大学」11月1日からふるさと納税受付スタート

犬猫殺処分問題の“根本的な”解決を目指し、2012年より活動を続けるNPO法人「人と動物の共生センター」は、その活動を全国に広めるためのオンライン市民大学「人と動物の共生大学」を設立。大学運営・活動資金調達のため、11月1日より『ふるさと納税(ふるさとチョイス)』で寄付受付を開始している。

「殺処分ゼロ」の裏側にある、本当の課題

犬猫の殺処分数は年々減少し、「殺処分ゼロ」を達成する自治体も見受けられるようになった。令和元年度には、その数32,743頭。10年間で、約8分の1にまで減少したことになる。しかし、一方で、保護シェルターは常に、多くの保護犬猫で溢れている状態。救っても救っても、終わりの見えない状況が続いている。

課題解決のために今、やるべきこととは

目の前の不遇な犬猫たちを救い続ける保護活動だけでは、本当の課題は解決できない。保護すべき犬猫が生み出されない社会。これこそが、我々の目指すべき「真の殺処分ゼロ」社会である。その実現のために必要なのは、同団体が提唱する『蛇口を締める活動』であると考えている。

『蛇口を締める活動』とは

殺処分問題の根本的な解決のためには、図の“上の段”の蛇口を締めること、つまり、保護犬猫が生み出されないようにする活動が必要。現在、日本において、犬猫の保護活動は大きな広がりを見せているが、この『蛇口を締める活動』は、まだまだ広がっていないのが現状である。

<活動が広がらない理由>

・活動に対する知識やノウハウがない

・上記を知る・学ぶ場がない

・結果として、何ができるかわからない

「保護活動はできないが、私も犬猫のために何かしたい」と思っている人が大勢いるにもかかわらず、上記の理由から、『蛇口を締める活動』への参加者が増えない状況が続いているのが事実である。

集い、学び、活動する「人と動物の共生大学」設立

そこで、同団体は、誰もが分け隔てなく、動物のために学べる場を提供するため、オンライン市民大学「人と動物の共生大学(以下、同大学)」を設立。同大学は、オンラインで、誰もが無料で、『蛇口を締める活動』について専門的な知識やノウハウを学び、仲間と出会い、共に活動できる大学である。学ぶだけではなく、実質的な活動展開に結びつけていくことが、同大学の目指すところだ。

大学受講費は無料。ふるさと納税にて資金調達

現在、同大学はプレオープン期間中(有料の会員制)だが、2021年12月1日の本開校後は、誰もが分け隔てなく学べ、活動が全国へと広がっていくよう、受講費を「無料」とする。大学運営資金は、「犬猫のために何かしたい」と考える人の寄付によって調達される予定で、今回、”使いみち”を特定して納税先を選べる『ふるさと納税』にて寄付受付をスタートした。

ふるさと納税で寄付すると?

寄付した金額から2,000円を差し引いた額が、住民税などの税額控除の対象となる。

(例:10,000円を寄付−2,000円=8,000円控除)

実質的な負担は2,000円のみで、自治体に支払う税金を寄付金に充てることができる。

人と動物の共生センター
http://human-animal.jp/

ふるさと納税(ふるさとチョイス)詳細ページ
https://www.furusato-tax.jp/gcf/1426

構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

冬の散歩は足が冷える!犬のために、専用の靴を履かせるのはあり? (12.4)

  • ニュース

シンクロ歩きをするハスキーとコーギー (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

  • ニュース

愛犬が病気にならないための正しい抱っこ方法【兵藤哲夫の徒然日記】 (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る