TOP>ニュース > 今さらだけど、犬はいつからペットとして飼われるようになったの?

  • ニュース

今さらだけど、犬はいつからペットとして飼われるようになったの?

犬はいつからペットとしての歴史を歩むようになったのか

人間にとってかけがえのない、コンパニオンアニマルとしては犬が昔から有名だ。が、この「昔から」って具体的にいつぐらい前からを指すのかと言うことを、はっきりと断言できる人ってなかなかいないんじゃないだろうか。

それこそ大昔から人は犬とともに歩んで来たが、犬のペットとしての歴史を詳細に把握することって結構難しい。世界中にさまざまな品種の犬がいるが、それらは地域ごとの特性を持って品種改良されてきたり、野生の犬を飼い慣らして飼育するようになったり、出自もさまざまだ。

今回は、犬のペットとしての歴史についての話をしていきたい。そもそもどうして人と犬が共生するようになったのか。これを把握しておくと、犬との生活がもっと楽しくなるに違いないからだ。

犬と人間の関わりは長い歴史に裏打ちされたもの

犬の祖先としては昔から、オオカミがそれにあたるということは多くの人々の知るところだ。生息地域によって体格に差があったりするオオカミたち。昔は日本にもオオカミがいたが、既に絶命して久しくなってしまった。

見た目が似ていることからもわかるように通り、オオカミを飼い慣らしたものが家畜化され、現代に至るまで犬として貴重なパートナーとしての地位を確立してきた。群れで暮らし、グループ内でも序列を設けて無用な争いを避ける社会性を有したオオカミ。そのオオカミの習性は犬も継承しており、そのためにしっかりと序列を意識させれば飼い主に従順なペットとしても飼うことが可能となったというわけだ。

ペット保険商品を展開する大手アニコムは「みんなのどうぶつ病気大百科」というウェブサイトを独自に運営している。ここに「犬の歴史と種類について」という、犬の出自に関する説明がなされたページも用意されている。

一部を引用させていただきたい。

「犬の祖先はタイリクオオカミだとされ、犬とオオカミが別々の進化を辿るようになったのは10万年ほど前、犬が人に飼われるようになったのは、5千年〜1万年ほど前ではないかといわれています」

こちらでも当然、犬の祖先はオオカミであるとの説明がなされている。オオカミはオオカミで今も世界各地に現存しており、独自に生存している。どこかのタイミングで人に関与することになったオオカミは飼いならされ、現代の犬の始祖となった。人と暮らすようになって1万年ほど経過したという説明もあるが、紀元前のはるか昔から、人と犬は関わりを持っていたということになる。

犬の歴史とは、人が徐々に文明を興すようになった頃から寄り添うように成り立ってきたもの。そうして人の手で、ときには品種改良をされ、現在に至るさまざまな犬種が誕生することにもなったのである。

日本でも、犬はペットとして古くから愛されていた

ちなみに、日本では紀元前14,000年頃からかなり長い間、縄文時代と呼ばれる時期が続いていた。縄文時代の遺跡はこれまで国内でさまざま発見されてきたが、この頃には犬が日本人とも共生してきたことは既に判明している。

縄文時代の初期から既に犬は狩猟のお供として人の助けになっており、その頭骨などが今もほぼ完全な形で現存すらしている!この時代の犬は縄文犬と呼ばれているが、見た目は日本を原産とする柴犬などと似ている。ただ、縄文犬はニホンオオカミを始祖とする犬ではなく、大陸由来の犬だったという考えが根強い。

日本では1905年までニホンオオカミが目撃されていたが、その姿は日本原産の犬とはあまり似ていない。私達がよく知るオオカミとも、ちょっと似ていない。やや小柄なのである。縄文犬も元を辿ればオオカミが祖先ではあるが、それは大陸のオオカミだったのだろう。

とにかく、日本でも古くから犬が日本人にとっては大切なパートナーだったことは間違いない。ただ、現代のようにただ愛玩するだけの存在ではなく、基本的には狩りに欠かせない相棒のような立ち位置ではあったのだろうけど。もっとも日本は縄文時代だけで異様に長い期間があるので、中には狩りにも出ず、特に何も要求されず一生愛されて生涯を終えた犬も、多分いたのだろうが。

犬は昔から大切な仲間!きっとこれからも関わりは続く…

大昔から人と関与を続けてきた犬。今のように、もっぱら愛玩されるだけの存在になる以前から、狩りやのお供や牧羊犬、あるいは番犬としての役目をあたえられ、それを彼らは全うしてきた。地域によっては、外交品として生み出された品種もあったし、その犬が世界各地の交易で貴重な存在として重宝もされてきた。

かと思えば、犬を食料として珍重する地域もあったし、今でも犬の肉を使った料理自体は残っている国もある。地域ごとに犬との関わり方に少々の違いはあるが、いずれにしても犬という動物は、人間にとっては一口で言い表せないほどには必須の存在であったことはたしか。

今では多種多様の犬が流通しているし、愛犬家も世界中に大勢いる。きっとこれからも、犬は人間が大事に育てるペットとして、その地位を守り続けるに違いない。

文/松本ミゾレ

【参考】
みんなのどうぶつ病気大百科「犬の歴史と種類について」
https://www.anicom-sompo.co.jp/doubutsu_pedia/node/1382

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬を乗せている自動車の掃除方法を大紹介 (12.7)

  • ニュース

食いしん坊な愛犬、どうすればダイエットに成功できる? (12.7)

  • ニュース

犬の体重を人間に換算するとどのくらいなの? (12.5)

  • ニュース

冬の散歩は足が冷える!犬のために、専用の靴を履かせるのはあり? (12.4)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る