TOP>ニュース > コロナ禍で多様な取り組みを行うロイヤルカナン、「動物病院へ行こう!キャンペーン」を開催

  • ニュース

コロナ禍で多様な取り組みを行うロイヤルカナン、「動物病院へ行こう!キャンペーン」を開催

コロナ禍以降、孤独を感じている人が増加

株式会社野村総合研究所が2021年7月に発表した調査によると、コロナ禍以降、若者や既婚者など、これまでの孤独のイメージとは異なる層にも潜在的な孤独が存在することが明らかになった。日常において、20代〜30代の若年層の2人に1人が、さらに既婚者や他の誰かと一緒に暮らしている人でも3人に1人が孤独を感じていると回答した。

この5年で最多の伸び率 ペットを新たに飼い始める人が増加

近年の動物愛護意識の高まり、さらに長引くコロナ禍で人との繋がりの希薄化により生じる孤独感の解消や癒しを求めてか 、犬や猫などペットを新たに飼い始める人が増えている。

一般社団法人ペットフード協会の「2020年全国犬猫飼育実態調査」によると、2019年から2020年で新規ペットオーナーによる犬と猫の飼育頭数はそろって増加し、さらに過去5年間の中で伸び率・飼育頭数ともに最も多くなった。

犬と比べて病院を嫌がる猫が来院しやすい環境整備をサポート

犬と比べ猫は病院に行くことを嫌がる傾向があるため、世界的にも来院率が低く、健康維持や病気の発見が遅れることが懸念されている。

そこで、ロイヤルカナンは「ねこ医学会 (JSFM)」のファウンディングパートナーとして、猫にとって来院しやすい環境を整えている病院「キャットフレンドリークリニック(CFC)」を増やす取り組みのサポートを行っている。

認証を受けた動物病院は、待合室や診察室の環境が猫に配慮してあり、ストレスなく医療が受けられる体制が整っている。このようなCFCを増やすことで、より多くのペットオーナーと猫が気軽に来院できる環境を整備し、猫の健康維持につなげたいと考えている。

【キャットフレンドリークリニック詳細】:https://www.jsfm-catfriendly.com/cfc/index.html

学生から現役の先生まで。獣医療業界全体の発展もサポート

ロイヤルカナンは、未来の犬と猫の健康を守る獣医学生をサポートする取り組みも実施。2020年から開催している、「キャリアユニバーシティ〜先輩に聞く卒業後の多様なキャリア〜」もその一つ

セミナーには毎回 50名を超える獣医学生が参加し、先輩獣医師の講演や質疑応答を通じて、獣医師の多様なキャリアへの理解を深め、自身の将来への具体的なイメージを高めている。

また2021年4月には、獣医療関係者向けEラーニングサイト「ROYAL CANIN ACADEMY」を開講し、ロイヤルカナンが長年培ってきた栄養学を中心とする獣医療に必要な専門知識を提供。各疾患についての診断ステップや病状に合わせたステージごとの栄養管理、診察時のコミュニケーションなど獣医療現場で役立つ様々なコンテンツが、動画やクイズを通して、短時間であっても効率よく基本から応用までを体系的に学んでいただけるプラットフォームである。

このようにロイヤルカナンは獣医療の更なる発展と未来を考え、様々な取り組みを通してサポートを行い、共に歩みを続けている。

ロイヤルカナンがペットオーナーや獣医療業界に対して、本業の枠を超えてサポートする理由。 背景にあるのは、アフターコロナの時代で事業の持続的な成長を実現するためのユニークな経営モデル。

ロイヤルカナンが取り入れる「互恵の経済学」とは

ロイヤルカナンが属するMARSグループが、オックスフォード大学ビジネス・スクールと共同で開発した新しい経営モデル。

企業は自社の利益のみを追求するのではなく、地球環境やステークホルダーとの持続的な関係にも配慮し、相互に利益が得られるような解決策を生み出す存在であるべきという考え方のもと、自社のPurpose (存在意義)を実現し、社会課題に対して価値を創造するため、パートナーとなるステークホルダーと協働し互恵のエコシステムを構築する、今注目されている経営アプローチである。

人的資産や社会的な存在価値など、複数の視点から複合的に企業価値を評価することも特徴で、日本人になじみの深い「三方よし」をさらに発展させた、社会的課題と自社の発展を両立する実践的な手法だ。

ロイヤルカナンの目指す姿は“犬と猫のヘルスカンパニー”

ロイヤルカナンが提供する商品は栄養学に基づくプレミアムペットフードと食事療法食ですが、本当の存在意義はフードを提供する会社ではなく、「犬と猫に真の健康をもたらすヘルスカンパニー」としての活動にあると考えている。

その活動の一環として、前ページで紹介したようなペットオーナーが正しい情報を得やすい環境づくりに力を入れているほか、ペットオーナーが接する機会の多い獣医師やブリーダーなどのペットの専門家にも、 様々な情報提供やサポートを行っている。

これらの一連の活動が、ペットオーナーが得る情報の質を高め、関係者全員で犬と猫の真の健康を実現していくことにつながると考えているからである。

新規オーナーの知識不足も要因か 犬と猫の健康診断の“低”受診率

私たち人間は1年に1度、健康診断で自身の体のチェックをするのが当たり前。一方、 犬や猫は人の4倍以上の早さで年を取るため、 人間以上に日頃からの体調管理や病気の早期発見・早期治療が重要だが、健康診断の受 診率は必ずしも高いとはいえないのが実情である。

ロイヤルカナンが2021年10月に発表した調査によると、定期的な健康診断受診率は、 犬オーナーが52%、猫オーナーが34%と低調な結果になった。

新規オーナーはじめペットオーナーはもちろん、ペットに関わる全ての人が正しい知識と責任を持ち、 人とペットの幸せな共生を持続可能なものにする必要性が高まっている。

健康診断は年2回がおすすめ 定期的な受診を促進するお得なキャンペーンを開催

犬や猫は、人間の4倍以上の早さで年をとる。1年に1回健康診断を受けていても人間に例えると4年に1回だけ健康診断を受けているのと同じである。年を取るスピードを考えると、1年に2回は動物病院で健康診断を受けるのが望ましいと言える。

そのためロイヤルカナンは健康診断推進の活動として、ペットの予防医療と健康管理の普及・啓発活動を推進する獣医師団体(一社)Team HOPEの活動をファウンディングパートナーとして支援しているほか、昨年からは 定期的な健康診断が受診できていないペットオーナーに向けて、直接受診を働きかけるキャンペーンを開催している。

まずは健康診断がどのようなものか知ってもらい受診のメリットを伝えるほか、特典も用意して受診のきっかけになるような機会を設けている。

「動物病院へ行こう!キャンペーン」犬と猫が定期的な健康診断を受けやすい環境を目指して

栄養学に基づいた犬と猫のプレミアムペットフードおよび食事療法食を展開するロイヤルカナンジャポンは10月1日(金)から11月30日(火)まで、愛犬・愛猫に真の健康をもたらすために、 定期的な健康診断を推奨する「第3回 動物病院へ行こう!キャンペーン」を開催する。

期間中に応募いただいた人の中から抽選で 1,000 名様※1 にクオカードをプレゼントし、健康診断を受けやすい環境づくりをサポートしている。

犬や猫は人の4倍以上のスピードで年を取るため、年に2回は動物病院で健康診断を受けることが望ましいが、実際にその頻度で健康診断を受けている犬と猫は、まだ 17%※2 程度に留まっている。定期的な健康診断は単に病気を発見するだけでなく、病気のリスクを知り未然に予防することで、大切な家族である犬や猫を痛みや苦痛から救うことができ、生活の質向上につながる。

<健康診断が大切なポイント>

・人と同様にペットも病気が見つかってから治療を行うのではなく、元気なうちに未然に防ぐことが大切。
・検査をして数値や状態を記録することで、外見ではわかりにくい変化を見つけることが大切。
・1年に4〜5歳年を重ねるペットたちの身体は急激に変化する。そのため年2回の受診をおすすめしている。

ロイヤルカナンは犬と猫を真の健康に導くヘルスカンパニーとして、今回で3回目となる「動物病院へ行こう!キャンペーン」を通じ、大切な家族である犬や猫に不可欠な定期的な健康診断を受けやすい環境づくりをサポートしている。

<キャンペーン概要>

名 称:第3回 ロイヤルカナン動物病院へ行こう!キャンペーン
応募期間:10月1日(金)から11月30日(火)
応募条件:犬または猫を飼育していて応募規約に同意 ※当選者は2ヶ月以内を目安にペットの健康診断受診
賞品:クオカード3,000円分
当選者:抽選で1,000名※1
問合せ:「動物病院へ行こう!キャンペーン」事務局 : 03-5384-7100(月〜金曜日10〜17時 祝祭日および弊社指定休業日を除く)

動物病院へ行こう!キャンペーンの他にも、ロイヤルカナンはペットの予防医療と健康管理の普及・啓発活動を推進中。ペットの予防医療と健康管理の普及・啓発活動を推進する獣医師団体(一社)Team HOPE の活動をファウンディングパートナーとして支援している。

また、犬と比べると病院に行くのを嫌がる傾向にある猫に、より優しい動物病院環境を推奨する国際組織のパートナー団体JSFM(猫医学会)の活動を支援し、猫に優しい病院(Cat Friendly Clinic)の認証普及にも取り組む。

今後も獣医療関係者と協力し、ペットの健康診断受診促進や動物病院への来院促進の活動に取り組んでいく。

※1:抽選は11月初旬500名、12月初旬500名の2回に分け当選者の発表は賞品の発送にて
※2:出典(一社)Team HOPE「2020 年ペットの健康管理に関する実態調査」

ロイヤルカナン動物病院へ行こう!キャンペーン
https://royalcanin.jp/csr/typtv/

ロイヤルカナン公式サイト
https://www.royalcanin.com/jp

構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

冬の散歩は足が冷える!犬のために、専用の靴を履かせるのはあり? (12.4)

  • ニュース

シンクロ歩きをするハスキーとコーギー (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

  • ニュース

愛犬が病気にならないための正しい抱っこ方法【兵藤哲夫の徒然日記】 (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る