TOP>ニュース > 屋外犬のための冬支度、低コストですぐやれるものって何がある?

  • ニュース

屋外犬のための冬支度、低コストですぐやれるものって何がある?

本格的な冬の前に、屋外犬のおうちの防寒対策をしておこう!

1年もあっという間で、もうそろそろ冬が来る。冬は寒い。ついついこたつで丸くなりたいところだけど、屋外犬として飼育しているワンちゃんたちは、その冬の間も寒い屋外で暮らすことになる。

当然、それが可能なのは元々寒冷地が原産の、寒さに強い犬種だけ。たとえばシベリアンハスキーや、日本の犬だと秋田犬なども日本の寒さにそれなりの耐性がある。こういうワンちゃんは、真冬だって犬小屋を防寒仕様にしておくことで、元気に屋外生活を乗り切ることができる。

今日はその防寒対策について、安価、低コストですぐやれるものを紹介していきたい。

まず風よけが出来る場所に犬小屋を移そう!

防寒対策をする上で大事なのが、いかに寒風を受けないかである。人間に比べれば寒冷地原産の犬は寒さに強いのは確実だが、それでも犬小屋にいるときはできるだけ暖かくしてもらいたい。そこでまずは吹きっさらしになってしまう拓けた場所に犬小屋がある場合は、自宅の壁に密着させるように移動させたい。

このとき、北風を防げるのがベストで、日中は日差しがよく掛かる位置に配置するなどの工夫も大切になる。風の直撃さえ受けなければ、隙間風に愛犬が震えることもない。

防寒対策をする前に、まずは犬小屋の設置場所から見直していこう。

断熱・防音には段ボールや発泡スチロールが使える!

また、犬小屋の内壁に段ボールや発泡スチロールを貼るのも効果的。段ボールも発泡スチロールも安価だが、優秀な断熱材になる。

筆者の自宅には今は犬はいないが、犬がいた頃はこの方法で毎年の寒さを乗り切ってもらっていた。特に、発泡スチロールは寒冷地であってもビオトープを凍らないように維持するためにも有効。これで四方を覆うだけで、氷が張るような季節でも中に暮らすメダカが凍死しない。安く手に入る割に相当優秀なのである。

低床に銀マットがオススメ!

銀マットをご存じだろうか。キャンプをする人には必需品レベルの、寝る際に下に引くマットで、断熱性がとにかく優れている。冬場のキャンプであっても、テントにこれを敷いて適当な寝袋で就寝すればほとんど寒さも感じないレベルだ。

この銀マットはせいぜい2,000円程度で手に入るキャンプグッズ。これを愛犬の犬小屋の下に敷いて、その上から愛犬お気に入りの毛布などを被せておけば断熱効果が増すことになる。筆者は学生時代ボーイスカウトをやっていて、冬場の野営で身を以て銀マットの優秀さを体感している。

その性能を、是非ワンちゃんにも味わってほしい。

湯たんぽを持ち込むのも大切!

真冬の夜はとにかく冷える。寒冷地出身のワンちゃんだって寒いことは寒いはずなので、上記のような対策をしたうえで、就寝前にはホカホカの湯たんぽを犬小屋に差し入れるのもいい。湯たんぽは屋外でも冷めにくく、朝になってもまだほんのり暖かい。ワンちゃんにとっては、これは恐らく、あると嬉しい最高の差し入れになるはずだ。

大きなサイズの湯たんぽも市販されているので、愛犬のサイズにあわせて上手く活用していただければ。ただ低温火傷リスクもあるので、あたえる場合にはポーチに入れるか毛布に包んでおきたい。

湯たんぽ自体はさほど高くもないのが嬉しい。

安価で出来る寒さ対策で、愛犬の冬の生活を応援しよう!

まあ……一番いいのは冬の間は家の中に愛犬をしまうこと。ただ地域によっては冬もそこまで冷えない地域もあるので、西日本などでは今回紹介したような、低コストの防寒対策で十分だろう。

紹介したいずれの手段も、安価で実現可能だし、愛犬にとっては心地よく犬小屋で過ごすためのポイントとなるはずだ。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

冬の散歩は足が冷える!犬のために、専用の靴を履かせるのはあり? (12.4)

  • ニュース

シンクロ歩きをするハスキーとコーギー (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

  • ニュース

愛犬が病気にならないための正しい抱っこ方法【兵藤哲夫の徒然日記】 (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る