TOP>ニュース > ミーがいてくれたから、クロと出会えた。

  • ニュース

ミーがいてくれたから、クロと出会えた。

虹の橋を渡る日まで

愛猫のミーが虹の橋を渡って半年が過ぎた頃、隣の市に住む娘から、突然の電話がきた。いつもはスマホのメッセージばかりなので、何か特別な用事なのだろう。

「ねぇ、お母さ~ん」

この言い方は昔から娘が何か欲しいもの、やってもらいたいことがあるとき、つまりおねだりするときの言い方だった。また何か、私にして欲しいことがあるのだろう。

娘は20年前、10歳の時にも子猫のミーを抱えて、「ねぇ、お母さ~ん」とやったっけ。今はもう30歳の子持ちなのに、まだ、こういう甘えた言い方をする。

「ん~、今日は何の用なの?」

娘に合わせて、少しとぼけて返すと、少し言いにくそうに

「え~、とね、その、また猫飼う気ない?」

半年が経ったとはいえ、いまだにミーがいなくなった哀しさは癒えていない。20年も一緒に暮らした家族だった。いなくなった当初は、夫婦ふたりして泣き暮らした。

そんな私たちを心配して、娘が孫を連れて家事を手伝ってくれたことは感謝している。虹の橋を渡った直後に比べて、落ち着いてきたとはいえ、まだ次の猫を飼う気にはならない。

「あのね、うちの子と同じ幼稚園のママ友がいるんだけど、子猫が産まれちゃって、里親を探していて、誰かいないかって相談されたの」

いわゆるママ友との関係で、無下にも断れない、ということらしい。娘のことだから、半年前にミーが亡くなったことを、ママ友にしゃべったのだろう。

いつもなら、すぐに電話できっぱり断れるはずなのに、なぜか「じゃあ、お父さんが帰ったら、聞いてみるから」と電話を切った。

「君が良いなら、また飼ってもいいよ」

絶対に反対すると思っていたのに、夫は意外にも承諾したのだ。ミーが亡くなってあんなに嘆いていたのに、あっさりと、次の猫を受け入れた。

私は夫の返事を聞いて、なぜか私も「じゃあ飼おうか」という気になった。ミーの穴を埋めるのは、私たち夫婦にとって、とても重大な問題だったはずなのに、意外にもすぐに受け入れることに決まってしまった。

ミーを失った悲しみは残っているが、どうやら猫のいない生活に、我慢できなくなっていたみたい。心の奥で新しい出会いを待っていたのだろう。

どういう柄の子をもらえるのか、性別は?ということを含めて、OKの返事を娘にメッセで送った。すぐ「翌日、友だちのところで見せてもらって、写真送るから」との返信が届いた。

翌日、夫が帰宅して晩ご飯の支度をしていた時、玄関のチャイムが鳴った。ドアを開けると、箱を抱えた娘が立っていた。

「え、その箱、子猫?いきなり?とりあえず写真を送ってくれるんじゃなかったの?」と、私が慌ててそう質すと、

「あ、あの~、それなんだけど」とバツが悪そうに箱を差し出した。

箱を覗くと、タオルにくるまれた黒っぽいものが顔を突き出した。

「ちょっと、これ、犬じゃないの!どういうこと?」

箱の中身はまあるい目がクリクリ輝く可愛い子犬だった。

娘があたふたしながら説明したところによると、ママ友の家にいたのは猫ではなく、犬だった。

「友だちがね、『ウチのタマちゃんが子供を産んじゃって』と言ってたから、ほら、タマちゃんってどうしても猫の名前だと思うじゃない。だからずっと猫だと勘違いしてて、お母さんに聞いちゃったの」

見に行ったら犬で驚いたけれど、いったん貰うと言ってしまった手前、断れなくて、引き取って来たらしい。

「ねぇ、お母さ~ん」

また出た、娘の必殺技だ。でもどうしたって無理だろう。猫ならともかく、犬なんて、毎日の世話が大変すぎる。玄関で娘とやりあっていたら、奥の部屋から夫がやってきて、

「そんなとこに立ってないで入れ、仕方ない。ウチで飼ってやろうよ」

と言い出すではないか。

そういえば20年前、娘がミーを連れてきたときも、

「仕方ない」

と夫が受け入れたのだ。そして、

「こいつはミーミー鳴くから、名前はミーな」

と、今回と同じように抱き上げたのだ。

娘の持つ段ボールからタオルごと犬を抱き上げた夫は、

「名前は色がクロいから、クロな」

と、20年前と同じように命名した。

私も負けずに20年前と同じように、

「しょうがないわねえ」

と新しい家族を受け入れた。

クロは大型犬の血が入っていたらしく、見た目は秋田犬のように大きくムックムクに育った。

朝晩の散歩は、還暦間近の私たちには体力的にキツイと感じることもあるが、天気の良い日の夫婦ふたりの散歩は楽しい。飼い始めて半年で、高めだった血圧が正常値になって、医者が驚いていた。

孫もクロのことが大好で、前よりも繁雑に我が家に顔を出してくれるようになったのも嬉しい。

ミーが虹の橋を渡ってしまい、まさかこの歳で犬を飼う日がくるとは、予想もしていなかった。猫をお迎えするはずが、犬がやって来るなんて、わが家らしくて良い。

クロと過ごしていても、ミーのことは毎日思い出す。時々、クロがミーとそっくりな仕草をすることがあって、驚く。ネットによると、「ペットは愛する飼い主のもとへ、毛皮を着替えてやってくる」らしい。猫が着替えて犬になって再び会いに来てくれたのだろうか。

とはいえ、ミーがいてくれたから、クロと出会えた。ミーが引き合わせてくれたご縁だと思う。心の中で、いつもミーに手を合わせている。

「ねぇ、お母さ~ん」

クロと遊ぶ孫を眺めているときに、またぞろ娘が言ってきた。はぁ、今度は何のおねだりだろう。

(文/木村圭司、編集/柿川鮎子)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛犬を乗せている自動車の掃除方法を大紹介 (12.7)

  • ニュース

食いしん坊な愛犬、どうすればダイエットに成功できる? (12.7)

  • ニュース

犬の体重を人間に換算するとどのくらいなの? (12.5)

  • ニュース

冬の散歩は足が冷える!犬のために、専用の靴を履かせるのはあり? (12.4)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る