TOP>ニュース > 介助犬として柴犬が国内初認定!パートナーに夢と笑顔を与える柴犬「瑠奈」

  • ニュース

介助犬として柴犬が国内初認定!パートナーに夢と笑顔を与える柴犬「瑠奈」

社会福祉法人日本介助犬福祉協会より、柴犬「瑠奈」はつらつデビュー!

社会福祉法人日本介助犬福祉協会は、令和3年9月26日(日)に、東京都杉並区在住の栗山ちづるさん(53歳女性)と介助犬訓練犬の3歳で雌の柴犬「瑠奈」が、柴犬として初めて介助犬の認定試験を受け、合格したことを報告した。

栗山ちづるさんは20代前半に交通事故により左上下肢を切断され、以来、家に閉じこもる生活が続いていた。車椅子で移動する際に左側に曲がっていってしまう動きを介助犬の「瑠奈」が真っすぐ進めるようにサポートしてくれる事により、再び視界が広がったと嬉しそうに話していた。

一般的に、介助犬として訓練することが難しいとされる日本犬の柴犬が介助犬となったことは、今回が初めてのケース。日本では主にラブラドール・レトリバーが性格の面でも介助犬として適しているとされる中、初めての認定となり、動きも機敏であるという。

「今では積極的に外出できるようになりました。これでまた一人で旅行に行く夢が叶います。」と栗山ちづるさんは明るい笑顔を見せている。


栗山ちづるさんと瑠奈

介助犬には肢体不自由者の自立や社会参加を促進し、生活の質の向上が図られるという効果が期待できるという。介助犬として認定されるためには、認定試験に合格する必要がある。社会福祉法人日本介助犬福祉協会は、介助犬を認定する資格を有した数少ない団体。実働数100頭を目指し、今後も、補助犬と共に身体障がい者の皆さんに平等な自由を届ける活動に取り組んでいく。


伏せをする様子

介助犬とは

介助犬(補助犬)は、体に障がいを持つ方の手助けをする大切なパートナー。 愛玩動物として飼われている家庭犬とは違い、専門の介助動作を身につけたプロフェッショナル。

介助犬として認定される基準

重要なことは、介助犬が単体で認められるのではなく、介助犬と使用者のペアが介助犬チームとして認められる必要がある。 使用者の指示によりそのニーズに応じた動作が行えることや、自宅内はもちろんのこと、公共交通機関の他、商業施設、飲食施設などにおいても認定試験が行われ合格する必要がある。その審査委員は、医師、獣医師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士などにより編成されており、身体障がい者のQOLの向上が認められるか否かを審査。この審査をクリアした介助犬チームのみが身体障害者補助犬認定を受けることができる。

日本介助犬福祉協会とは

日本介助犬福祉協会では、「介助犬と共に自立を目指そう!」という考え方のもとで育成と認定を行っている。合同訓練の段階からはユーザー自身が率先して介助犬を育てることを大切にし、訓練を実施。介助犬を使用することは専門家ではない体の不自由なユ ーザーにとっては非常に困難なこと。そのため、トレーナーのサポートは訓練犬だけでなく ユーザーの方に対してもきめ細かく行われる。 ユーザーの本気が伝われば、介助犬との間に強い絆が生まれる。また、ユーザーが望む動作をその都度オリジナルトレーニングとして組み込むため、その結果としてユーザーに心から喜んでいただける介助犬が育つという。

介助犬の役割

介助犬(補助犬)が行える作業は、ドアの開閉、携帯電話やテレビのリモコンなど特定の物を手元に持ってくる、車椅子で段差を乗り越える、起き上がったり車いすへ移ったりする際の支えなど多岐に渡る。指先に力が入りにくいユーザーのために、ペットボトルを開けたり、割箸を割ったりする手作業の介助も行うことができ、24時間そばにいて、手足となって働く介助犬(補助犬)は、文字通りユーザーの体の一部というべき重要な存在。 ※介助犬(補助犬)は、全ての介助動作ができる訳ではない。ユーザーの障がい内容 に合わせて介助動作を専用に習得する。

介助犬の介助動作

<主な介助動作>
物の拾い上げ、上体おこし、物の運搬、ドアの開閉、ベッドへの移動介助、ペットボトルのフタ を開ける、特定の物を手元に持ってくる、割り箸を割る、衣服を脱ぐ介助、コンビニおにぎりの パッケージを開ける。

<その他の介助動作>
歩行と姿勢維持のためのバランスの介助、車いすを近くに寄せる、車いすの牽引、緊急時の 連絡手段の確保、薬の袋開け、靴下、靴を脱がせる、冷蔵庫からペットボトルを持ってくる、 ユーザーの要望に応じた介助動作。

介助犬の育成費用

介助犬の育成費用は1頭あたり約300万円以上。介助犬(補助犬)は身につけるべき動作や学習が、ユーザーによって大きく異なるために、それぞれに適した特別なトレーニングが必要。介助犬を育てる活動には、膨大な時間と費用が掛かるが、第二種社会福祉事業として補助犬を育成する活動への公的補助はないという。社会福祉法人日本介助犬福祉協会の活動は、すべて寄付金で支えられている。


介助犬の候補犬のパピー「オニギリ」と「クルミ」

社会福祉法人日本介助犬福祉協会
https://www.kaijoken.or.jp/

構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

意外すぎる!?ハイエナは犬と猫、どっちの仲間? (11.29)

  • ニュース

愛犬がわざと粗相…やめさせるために今すぐできる対処法って? (11.29)

  • ニュース

毎月定期的にお届け!ドッグウェアのサブスク「HAPPY DOGGY CLOSET」 (11.28)

  • ニュース

【獣医さんが勧める愛犬トレーニング】今日からやろう!愛犬のトイレトレーニング (11.28)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る