TOP>ニュース > 愛犬と秋を健康に過ごすために。気をつけたい植物と気候への対応、けがや病気について解説!

  • ニュース

愛犬と秋を健康に過ごすために。気をつけたい植物と気候への対応、けがや病気について解説!

愛犬と楽しい秋の思い出を作るために

秋は犬にとっても人間にとっても過ごしやすい季節です。穏やかな日差しの中、愛犬と一緒のお出かけは楽しいものですね。大きな公園や自然の中などで過ごす時間を心待ちにされていた方も多いのではないでしょうか。

秋はまた季節の変わり目で気温の変動が大きいうえに、空気が乾燥することで気管支や皮膚への負荷がかかりやすいためトラブルが起こりやすい季節でもあります。

秋を元気に楽しむためにどんなことに気をつけたらいいか、確認していきましょう。

注意したい植物

秋を代表する身近な植物の中には、犬にとって毒性のあるものがいくつかあります。愛犬が近づかないように気をつけましょう。

・いちょうの実 

犬がいちょうの実を食べると中毒を起こします。お散歩の途中に落ちている固い実を飲み込んでしまった場合には腸閉塞や消化管が傷つく、皮膚炎を起こすなどの危険があります。詳しくはこちらの記事でご紹介していますので確認してみてください。

・ぶどう、レーズン

ぶどうは生のままでもレーズンでも、犬が食べるとぶどう中毒を起こす可能性があります。原因はまだわかっていないものの、中毒を起こすと嘔吐をはじめ、下痢や食欲不振、震えなどの症状が見られます。急性腎不全での死亡例もあり、非常に危険です。

・いちじく

いちじくの樹液や枝、葉に含まれる成分が犬にとっては中毒を引き起こす原因になります。また皮膚に樹液がつくと、皮膚炎が起こることもあります。

・シクラメン

赤やピンク、白などの華やかな花が美しいシクラメンは花や葉、茎など全体に毒を持ち、特に根の毒性が危険です。口にすると下痢や嘔吐につながるだけでなく、最悪の場合は死の危険性があるので十分に注意しましょう。

・彼岸花

濃い赤が印象的な彼岸花は全体に毒性があり、特に茎と球根に注意が必要です。口にした場合、嘔吐や下痢、マヒだけでなく命の危険もあります。

・菊

道に植えられている菊や、観賞用、生花店で売られている菊のいずれも触ると軽い皮膚炎になります。

キンポウゲ科に属するシュウメイギクは全体が有毒で、特に汁液に毒性があります。

・毒きのこ

道ばたにきのこが生えていることがあります。日本に存在する4〜500種類のきのこのうち、食べることができるのは100種類ほどです。外見で毒きのこを見分けるのは難しいとのこと。愛犬が間違って食べてしまわないようにしましょう。

(参考:毒キノコによる食中毒にご注意ください|食品安全委員会

秋のケア

秋は気温や気圧の変化が激しく、犬も体調に影響を受けることで、秋バテの症状が見られることがあります。またノミやダニ対策に加え、寒い冬に向けた換毛期でもあるため丁寧にブラッシングしてあげましょう。アレルギー対策にもなります。

・秋バテ

夏の疲れが残ったままの体には気温の高低差や、気圧の変化が負担になり秋バテになることがあります。具体的には食欲がなくなる、お散歩に行きたがらない、グッタリしているなどの症状が見られます。また内臓の機能低下によって消化不良や下痢をする子もいるかもしれません。

・換毛

夏の間に少なくなっていた被毛が、気温が下がるにつれて多くなってきます。「ダブルコート」と呼ばれる、トップコートとアンダーコートを持つ犬種では、寒くなるとダウンコートが生えてくるためブラッシングでのお手入れが大切です。

ブラッシングの目的は、抜け落ちた被毛を取り除くことで毛玉ができるのを防ぐことと、風とおしを良くして皮膚の炎症やかゆみといったトラブルを予防することです。

・ノミやダニ

秋はノミが多く発生する季節でもあります。足で体や顔をかく、地面に体をこすりつける、フケのような黒いかたまりがある、肌が赤くなったり炎症があるといった症状が見られたら、動物病院で見てもらいましょう。

・アレルギー

犬にも花粉症があるのをご存知でしょうか。症状はくしゃみや鼻水、目や皮膚などのかゆみなど人間と同じです。犬は全身が毛におおわれているため、人間よりも体に花粉がつきやすいと言われます。この季節はできるだけ草むらを避ける、お散歩から帰ったらブラッシングのあと濡れタオルで全身を拭く、頻繁にシャワーをするといった対応で、症状の緩和に努めましょう。

強い症状が出て、つらそうな時には獣医さんに相談しましょう。

健康管理

秋は春と並んで犬の発情期にあたります。また、気温や湿度の低下が体調に影響を与えることもあります。

・発情期

早い時期に不妊手術を受けていれば、発情期に影響されることがありません。去勢手術を受けていない男の子は、発情期の女の子の匂いに敏感になり強いストレスに悩まされることになります。通常より攻撃性が増して、ほかの男の子とケンカをする、敵対的な行動が高まります。

女の子で出血がある間は、犬用のおむつやパンツを検討してもいいですね。お散歩の際は男の子を刺激する可能性があるため、望まない妊娠に気をつける必要があります。発情中は、ドッグランやペットホテルの利用は遠慮しましょう。

・けが

気温が低くなると、犬も体が冷えてこわばることがあります。冷えたままの状態で体を動かすと椎間板ヘルニアや膝にある十字靭帯を断裂する可能性があります。家の中で少し体を動かしてからお散歩に出るようにすると安心です。

暑い国原産の犬種や小型犬、毛の短い犬種は寒さに弱いため、服を着せてあげるのもいいでしょう。

・病気(膀胱炎、呼吸器系の病気、レプトスピラ症)

気温が下がることにより水の飲む量が減ったり体が冷えることで、膀胱炎になる子も増えます。おしっこの回数が少なすぎないか、色が濃すぎないか気にしてあげるといいでしょう。

気温とともに湿度が下がってくることによって、寒さに弱い犬種は呼吸器系の病気になりやすくなります。呼吸をするときに音がしたり、咳が出ているときには獣医さんに見てもらうと安心です。

秋はまた、レプトスピラ症への感染数が高まるとされています。レプトスピラ症の感染源はネズミなどの野生哺乳類で、主に関東地方より西の地域で発生するようです。症状としては嘔吐、脱水、発熱、食欲不振などがあります。

(参考:イヌのレプトスピラ感染|国立感染症研究所
犬のレプトスピラ症とその対応について(2017)|大阪府獣医師会

最後に…

10月はハロウィンの季節ですね。ハロウィンで配られるお菓子類、特にチョコレートは犬にとっては危険で、残念ながら愛犬と分け合うことはできません。けれど栗やかぼちゃ、さつまいもといった秋の味覚は、たくさんでなければ愛犬も一緒に楽しめます。

暑くもなく寒くもない気持ちの良い季節を、愛犬とともにたっぷり堪能してください。

文/森野みどり

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

意外すぎる!?ハイエナは犬と猫、どっちの仲間? (11.29)

  • ニュース

愛犬がわざと粗相…やめさせるために今すぐできる対処法って? (11.29)

  • ニュース

毎月定期的にお届け!ドッグウェアのサブスク「HAPPY DOGGY CLOSET」 (11.28)

  • ニュース

【獣医さんが勧める愛犬トレーニング】今日からやろう!愛犬のトイレトレーニング (11.28)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る